Script is OFF CLANNAD -クラナド- 第11話 「放課後の狂想曲」 感想 - かくれオタのブログ
    I'll be back.

    CLANNAD -クラナド- 第11話 「放課後の狂想曲」 感想


    天才少女なのに、どこか小さな女の子みたいな仕草を見せることみ。
    今回も、そんなことみの話です。
    ことみ

    よろしければ続きをどうぞ



    前回に続きヴァイオリンで多数の人間を苦しめることみ。
    ヴァイオリンの演奏会をすることに決まりました。

    そしてヴァイオリンから興味をそらす為に杏から芸を仕込まれることみ。でも全くセンスなしw
    なんでやねん

    「なんでやねん」

    杏が変身ヒーロに!(朋也の脳内ですが)
    変身ヒーロー

    アニメ化希望w

    ことみと智也が二人きりになるのを防ぐために朋也と杏は教室に残ることに。
    二人きり

    「あたし達二人きりになっちゃったけど、何して遊ぶ?」
    この質問に「とりあえず寝る」はないだろ朋也!

    杏

    「もしもあんたのこと好きで好きでしょうがない女の子が居たら、付き合う気ある?」
    デレキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
    やっぱ杏はこうでなくちゃ(;´Д`)

    次の日曜日。休みなのに学校に行く朋也。なぜかことみも居ます。

    こんなシーンあったっけ?

    「おとといは兎を見たの。昨日は鹿。今日は、あなた──」
    こんなシーン原作にあったっけ?

    そしてヴァイオリンの演奏会。結構多くの人が来てます。
    ここでみさえさんルートの話を入れるとは思いませんでした。
    みさえさん


    渚は上達したといってるけど実際は・・
    死者多数w

    死者多数w
    まるでジャイアンリサイタル
    猫とボタンまでなんか会話までしてるしw

    そして演奏会も終わり、帰ろうとすると
    謎の男

    先週の謎のオッサンがことみに声をかけようとしていました。
    どうやら知り合いのようです。
    悪者

    誰かと聞くと、ことみは震えて「悪者・・」と答え、次回へ続きます。
    今回は杏の登場シーンが多くて、個人的に好きな回でした。
    Amazon ベストセラー
    コメントの投稿
    ←空欄だと「名無しさん」に

    コメント欄に「※〇〇」,「米〇〇」(半角数字)でポップアップするアンカーを表示できます。
    ※「http」はNGワードです