Script is OFF うみねこのなく頃に Episode2 考察6 - かくれオタのブログ
    I'll be back.

    うみねこのなく頃に Episode2 考察6


    EP2時点での私の結論まとめ。

    ・犯人はローザと源次+使用人全員。
    ・19人目は存在する。魔女か人間化は分からないが、殺人は犯していない。
     共犯の可能性はあるが・・・。
    ・戦人のみた出来事だけが事実。ファンタジー的な出来事は起こっていない。
    ・金蔵はアブサンによる幻覚を見ている。ただ、金蔵視点のシーンが少ないため、
    犯人の一部なのかは情報不足故に推理不能。


    解決していない謎
    ・19人目の正体
    ・夏妃の鏡が意味すること
    ・ローザが受け取った手紙の中身
    ・カノンの死体はどこへ?
    ・EP1の焼却炉の死体は本当に金蔵?
    ・偽カノンの正体。もし使用人が口裏を合わせてないなら誰?
    ・EP1のマリアがボトルメッセージを残したわけ
    ・福音の家とは?
    ・蔵臼の所持しているインゴット。礼拝堂にあったインゴットの詳細
    ・魔方陣を残す理由。肖像画の碑文になぞらえて殺す理由。
    ・ルドルフはどうやって死を予言した?記憶持ち越し?
    ・EP1でマリアは誰に傘を借りた?
    ・碑文の謎は?隠された黄金の在り処は?

    とりあえずEP2に関しての考察はこんなところかな?
    気づいたことがあればまた書きますけど。
    次は8月のEP3に期待。でも7ヵ月後って完全にEP2の内容忘れてそう・・

    Amazon ベストセラー
    コメントの投稿
    ←空欄だと「名無しさん」に

    コメント欄に「※〇〇」,「米〇〇」(半角数字)でポップアップするアンカーを表示できます。
    ※「http」はNGワードです