Script is OFF 全盛期の宮崎駿を超える天才って今後100年現れないだろ - かくれオタのブログ
    I'll be back.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Amazon ベストセラー
    1. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 01:24  ▼このコメントに返信

      アニメも勿論だけどナウシカの原作とハウルの小説読んだ時は震えたわ
      パヤオ好きの友達がしつこいから嫌々読んだのに

      作家うんぬんは認めざるを得ない……

    2. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 01:31  ▼このコメントに返信

      ラピュタの城が壊れていくのも「王と鳥」(「やぶにらみの暴君」)の影響を受けてる。ただみんな真似れば作品を作れるわけじゃないからそれを昇華してアレンジして作品に活かせるってのも才能なのかなと思う。
      「アバター」はジブリも含めてすごい色々な作品の影響を感じたからな。

      あと老いに対しては宮崎駿は「才能も日々磨耗していくもの」といっている。それと自分の功績みたいのは何もないといっていた。そんなもの目に見えないし意味がないと考えているみたいでそれ故に作品を作り続けているっぽい。

    3. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 01:35  ▼このコメントに返信

      ベタだけど新海にはちょっと期待してる

    4. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 05:23  ▼このコメントに返信

      海外SFの影響はもちろん強くある

    5. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 07:00  ▼このコメントに返信

      スレタイ通りだとしたら寂しいかぎりだ・・・
      もっと良作を!

    6. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 13:25  ▼このコメントに返信

      スーパーマンの作画すごいな・・・

    7. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 18:39  ▼このコメントに返信

      ハウルの小説は宮崎駿が書いたものじゃないだろ?

    8. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/06(日) 14:55  ▼このコメントに返信

      戦前の欧米アニメのクオリティはガチだな。
      たまに唇だけ実写っていうすげえきみ悪いのもあるがwww

    9. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/26(土) 04:23  ▼このコメントに返信

      >>6
      フライシャーだからな。
      アニメーション技術はジブリが出るまでダントツ最強だった筈。
      そりゃアニメーション技術に関しては最大の影響元だし、巨神兵が似ててもしょうがない。
      「バッタ君街へ行く」なんてもはやロストテクノロジーの域だろ。

    10. 名前: -  投稿日:2017/08/08(火) 22:09  ▼このコメントに返信

      このコメントは管理者の承認待ちです

    コメントの投稿
    ←空欄だと「名無しさん」に

    コメント欄に「※〇〇」,「米〇〇」(半角数字)でポップアップするアンカーを表示できます。
    ※「http」はNGワードです

    全盛期の宮崎駿を超える天才って今後100年現れないだろ


    hayao.jpg
    全盛期の宮崎駿神すぎワロタw





    6 :名無しさん@涙目です。(大分県) 投稿日:2011/03/04(金) 08:40:33.95 ID:7KQD/rDf0


    84年 ナウシカ
    nausika.jpg

    86年 ラピュタ
    rapyuta.jpg


    88年 トトロ
    totoro.jpg



    89年 魔女の宅急便
    takkyuubin.jpg


    10 :名無しさん@涙目です。(大分県) 投稿日:2011/03/04(金) 08:41:19.98 ID:7KQD/rDf0
    >>6

    すげー


    28 :名無しさん@涙目です。(長屋) 投稿日:2011/03/04(金) 08:47:41.01 ID:zc44CbLb0

    唯一社会的に許されたロリコン


    41 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 投稿日:2011/03/04(金) 08:54:37.19 ID:WtnVdoCp0
    作品として一番まとまってるのはトトロ
    けど破錠してるラピュタのほうが面白い


    62 :名無しさん@涙目です。(dion軍) 投稿日:2011/03/04(金) 09:18:55.32 ID:HV0Ru6FV0
    トトロの存在はでけえよな、いまでもジブリのカンバンだし


    14 :名無しさん@涙目です。(大分県) 投稿日:2011/03/04(金) 08:42:18.62 ID:7KQD/rDf0
    >>6
    80年代の宮崎は異常


    59 :名無しさん@涙目です。(関西地方) 投稿日:2011/03/04(金) 09:15:39.02 ID:mHsO0C1v0
    適当に作った豚が好き


    30 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 投稿日:2011/03/04(金) 08:48:27.49 ID:/KZ5MGk9P
    >>6
    宮崎駿が凄いのは70年代
    アルプスの少女ハイジ
    母をたずねて三千里
    で、52話×2で全話数全カットレイアウトやった
    作業量、クオリティともにあれだけの仕事がこなせるアニメーターは宮崎駿以外に存在しない



    34 :名無しさん@涙目です。(東京都) 投稿日:2011/03/04(金) 08:49:28.79 ID:SJBXwcV90
    >>6
    凄いな、いや本当に凄い


    40 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 投稿日:2011/03/04(金) 08:54:24.17 ID:rFVRWCBa0
    >>6
    80年代に4作はすごいなw
    できて3作dろ


    51 :名無しさん@涙目です。(岡山県) 投稿日:2011/03/04(金) 09:08:19.31 ID:vhQIUmT30
    >>6
    でもこの作品たちって今と比べたら
    売上がカスみたいなものなんだよね


    227 :名無しさん@涙目です。(関西地方) 投稿日:2011/03/04(金) 11:35:37.01 ID:XXEfsEXk0
    >>6
    手書きの時代にこのレベルの作品を立て続けに!!








    大御所も大絶賛


    160 :名無しさん@涙目です。(東京都) 投稿日:2011/03/04(金) 10:19:28.66 ID:NdkJ3fzw0

    スティーブン・スピルバーグ
    「千と千尋は本当に素晴らしい作品で、映画の中盤になるころには、アニメーションを観ていることを忘れ、
    卓越したおとぎ話に入り込んでいた。素晴らしく、天才的な作品だと思う」
    http://eiga.com/movie/1031/interview/2/


    ジェームズ・キャメロン
    「ミヤザキの新作は必ず見ているよ。実はアバターには『もののけ姫』にオマージュをささげたシーンがあるんだ」
    http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/091225/tnr0912250750004-n2.htm


    ジョージ・ルーカス
    「ジブリは我々全員に物凄い影響を与えています。
    アメリカにこれだけ日本映画が入ってくるのはまずジブリが道を切り開いたからでしょう」
    http://podcasts.tfm.co.jp/podcasts/tokyo/rg/suzuki_vol38.mp3














    149 :名無しさん@涙目です。(広西チワン族自治区) 投稿日:2011/03/04(金) 10:13:11.79 ID:GgJmUgdkO
    高畑と組んでいた時代が一番だろ。
    パヤオ一人の力ではないはず。
    カリオストロあたりが才能のピークじゃないか。
    トトロまでは若い時のインスピレーションに基づく作品だし。
    ミュージシャンと作家は年食ったら枯れていくだけだろ。



    162 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 投稿日:2011/03/04(金) 10:20:45.14 ID:/KZ5MGk9P
    >>149
    同意すぎますね


    256 :名無しさん@涙目です。(東京都) 投稿日:2011/03/04(金) 12:06:16.76 ID:RqgvrrJX0
    >>149
    カリ城で高畑とは組んでねえぞwww

    三千里の後に高畑と別れて
    コナンで数話助けて貰ったので
    アンで前半は手伝ったが
    カリ城でまた別れた


    349 :名無しさん@涙目です。(東京都) 投稿日:2011/03/04(金) 22:06:57.79 ID:bT5czpVg0
    >>149
    「作家は処女作に向かって成熟していくもの」
    とは文芸評論家の亀井勝一郎の言葉だったかと思うが、
    その意味ではどこに基準を置くかだな。
    劇場版商業映画としては、カリ城こそが宮崎の監督デビューだったのだから。








    9 :名無しさん@涙目です。(東京都) 投稿日:2011/03/04(金) 08:41:12.23 ID:NdkJ3fzw0
    大塚康生
    「ぼくがかつて、東映動画でその年に入った新人を相手にした講演をしたときに、
    ヘンな登山帽をかぶった、なんだかアタマの大きい男が、「質問があります」って言うんです。

    聞いてみると「どうして東映って、クソ映画ばかり作っているんですか?」
    まわりに、その映画を作った先輩がいるのに、
    「え? コイツは誰だ?」と思ったら、それがその年に入社した宮崎駿さんだったんです。
    入ったとたんに、ぜんぶ前のものを否定したから「うわ、これはおもしろい人が出てきた」と思いました。

    宮崎さんは最初から目立っていたし、それでまわりからは嫌われてもいたけど、
    やっぱり描かせてみたら、あきれるほどすごかった──。

    だから、ぼくは「この人はすごい」と、いつでも一歩ゆずることに決めました。
    ぼくもアニメーターになった当初、ものすごく勉強して毎日、毎日、模写とか自分で研究した動きを描いていましたから。

    そういう行動に露骨に反感を見せた先輩もいましたが、ぼくが尊敬する森康二さんという先輩は、
    チームメイトたちに「諸君、脱帽したまえ」と宮崎さんの才能を称えました。

    ただ、同級生とか、ちょっと先輩の人となると、もうそれだけで宮さんを敬遠するんです。
    やっぱり、同年代にうまいヤツが出てきたら、脅威じゃないですか。

    それもあって、宮さんは、まわりからは、ちょっと距離をおかれていたけど、
    本人はぜんぜんそんなことを気にしないで、まるで重戦車のように、どんどん突き進んでいきました。」



    54 :名無しさん@涙目です。(北海道) 投稿日:2011/03/04(金) 09:09:54.56 ID:q4JR6kuA0
    >>9
    すげーなこれ、生意気すぎて笑ったけど
    天才を部下に持つっていうのは、自分の器の試され度合いがハンパ無さそうで
    考えただけで疲れたわ


    73 :名無しさん@涙目です。(静岡県) 投稿日:2011/03/04(金) 09:25:06.29 ID:y1uf1VP20
    >>9
    でもアニメーターとしては森さん大塚さんのほうが上だよね
    作品としても長猫越えた作品ってあるのかな


    201 :名無しさん@涙目です。(富山県) 投稿日:2011/03/04(金) 11:03:15.56 ID:y54DkQL+0
    >>9
    すげーw
    俺がこんな発言した瞬間首が飛ぶわ















    61 :名無しさん@涙目です。(東京都) 投稿日:2011/03/04(金) 09:18:17.33 ID:NdkJ3fzw0

    富野由悠季「宮崎駿は作家であり、僕は作家ではなかった」

    「オスカーをとっているスタジオジブリの宮崎駿監督のように、僕がなれなかったのはなぜか? 
    彼とは同年齢なのですが、「彼は作家であり、僕は作家ではなかった」。
    つまり、「能力の差であるということを現在になって認めざるを得ない」ということがとても悔しいことではあります。」

    http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0907/08/news010_2.html

    67 :名無しさん@涙目です。(愛知県) 投稿日:2011/03/04(金) 09:20:50.40 ID:2eUEaFC90
    >>61
    作家としちゃ富野は2流だよなー
    アニメ監督としては宮崎より好きだけど


    69 :名無しさん@涙目です。(関東・甲信越) 投稿日:2011/03/04(金) 09:22:06.06 ID:4EnR569XO
    >>61
    これは何ガンダムのセリフ?


    343 :名無しさん@涙目です。(東京都) 投稿日:2011/03/04(金) 21:41:31.03 ID:bT5czpVg0
    >>61 >>67
    それは作家の作家性ではなく
    宮崎が広告代理店から持ち込まれたどんな企画素材でも料理できる
    多芸多才だったということだろ


















    90 :名無しさん@涙目です。(大分県) 投稿日:2011/03/04(金) 09:32:58.72 ID:7KQD/rDf0
    この番組ナウシカのプロデューサーの話やってくれないかな

    ナウシカ映画化の条件に高畑をプロデューサーにすることを挙げた宮崎
    まだ編集者だった鈴木と一緒に高畑に会いに行くが高畑はあっさり断る
    鈴木ひとりで何度も高畑に会いにいくも断られ続け、ある日高畑が大学ノートを見せる
    その一冊最後のページまでいかに自分がプロデューサーに向いてないかを分析して書きこんであった
    呆れた鈴木は「高畑さんじゃないとダメなの?」と宮崎にきく何も言わない
    その夜宮崎は鈴木が下戸なのを承知で飲みに誘う。宮崎は酒をガブ飲みしたかと思えば、黙って泣き出した
    「僕は高畑さんに青春を捧げた。なのに高畑さんからは何も返してもらってない」
    事情を察した鈴木は再度高畑に会うが、やはり首を縦に振らない
    態度を変えようとしない高畑に声を荒らげ、
    「友人が困ってるのにあなたは力を貸してあげないんですか」
    高畑はわかりましたと承諾した



    100 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 投稿日:2011/03/04(金) 09:39:38.94 ID:/KZ5MGk9P
    >>90
    エエ話すぎるやろ・・・

    106 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 投稿日:2011/03/04(金) 09:42:13.87 ID:rFVRWCBa0
    >>90
    いいのぅ










    258 :名無しさん@涙目です。(大分県) 投稿日:2011/03/04(金) 12:07:04.99 ID:7KQD/rDf0
    この人ジブリで監督させてもらえないの
    もう50ちかくだけど

    高坂希太郎

    # 1994年 - 総天然色漫画映画 平成狸合戦ぽんぽこ(原画)
    # 1995年 - 耳をすませば(作画監督)
    # 1997年 - もののけ姫(作画監督[共同])
    # 1998年 - MASTERキートン(キャラクターデザイン・作画監督・レイアウト監修・絵コンテ・その他)
    # 1999年 - CLOVER(監督)
    # 2001年 - 千と千尋の神隠し(作画監督[共同])
    # 2001年 - メトロポリス(原画)
    # 2003年 - 茄子 アンダルシアの夏(監督・脚本・キャラクターデザイン・作画監督)
    # 2004年 - MONSTER(キャラクターデザイン原案)
    # 2005年 - ハウルの動く城(作画監督[共同])
    # 2007年 - 茄子 スーツケースの渡り鳥(監督・脚本・キャラクターデザイン)
    # 2008年 - 崖の上のポニョ(作画監督補[共同])


    269 :名無しさん@涙目です。(東京都) 投稿日:2011/03/04(金) 12:15:12.04 ID:RqgvrrJX0
    >>258
    高坂さんは何度もジブリから監督を誘われてる
    ハウルも細田の前に監督として誘われてた
    しかし断ってきた

    どうしてかと言うとジブリ監督作品やると
    宮崎駿作品に関われなくなるから
    だからマッドで茄子を監督した


    278 :名無しさん@涙目です。(大分県) 投稿日:2011/03/04(金) 12:28:43.92 ID:7KQD/rDf0
    >>269
    やっぱり誘われてるんだな
    宮崎ファンだって書いてたのはそういう事か
    ということは近藤勝也も誘われてたりするのか











    165 :名無しさん@涙目です。(千葉県) 投稿日:2011/03/04(金) 10:21:35.72 ID:yoZyLTcJ0
    ↓宮崎駿の軍国少年時代の投稿

    4月号の「魚雷艇の話」、非常に興味深く拝読しました。ただ、ちょっと感じたのですが、これからの魚雷艇の価値を判断するのに、
    第2次世界大戦の戦訓に基いてするでは、ずいぶん不合理な点も出てくるのではいかと考えさせられました。
    魚雷艇の兵装はたいして変わらないが、その相手になる艦船と航空機の、
    火器の精度と電子兵器の進歩はすさまじいものがあると思います。これからの魚雷艇は局地戦闘において、
    敵航空機の跳梁下に行動することも多いと思います。しかしMTB、MGBの40ミリ機砲および4.5インチ単身砲は、
    第2次世界大戦の速力300浬/時の攻撃機、あるいは浮上潜水艦との戦闘ならともかくも、これからの超スピード攻撃機に、
    どの程度の対空威力を発揮しうるといえるでしょうか。

    現在ミサイルは各方面に急速な進歩をとげつつあり、着着実用の域に達しつつあります。
    魚雷艇は高速航海時に多量の熱放射線を出し、それは空対艦の熱線ホーミング装置のミサイルに良好な感度をあたえます。
    魚雷艇の火器の射程外から安全かつ正確な攻撃が可能です。こうなると魚雷艇の被弾率は少なく、
    対空火力は有力だということはいえなくなります。

    駆逐艦は火器を対空ミサイルに改装することが可能ですが、
    50-100トンの魚雷艇ではミサイルを装置すればMTB(Motor Torpedo Boat)、MGB(Motor Gun Boats)の役は、
    果たすことが不可能になります。結局大型化の必要が生じてきます。
    これからは敵航空機の優勢な局地における駆逐艦と魚雷艇の経済度云々は成立しなくなるのではないでしょうか。
    魚雷艇は対潜一本に進むべきでしょう。その点わが国の魚雷艇が派手ではありませんが
    着実にその道を歩んでいるのを見ると嬉しく思います。生意気な意見をのべましたが、
    私もわが国の艦艇の進歩を祈る1人です。愚見御笑覧下さい。

    (東京都杉並区永福町 宮崎駿)当時18歳

    21577348.jpg


    166 :名無しさん@涙目です。(鹿児島県) 投稿日:2011/03/04(金) 10:22:28.35 ID:e3Tqp4vN0
    >>165
    きちがいじゃあああああ

    176 :名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区) 投稿日:2011/03/04(金) 10:31:46.44 ID:GgJmUgdkO
    >>165
    こんな投稿してても数年後には学生運動でデモ行進してる写真あるからなw


    226 :名無しさん@涙目です。(内モンゴル自治区) 投稿日:2011/03/04(金) 11:33:10.66 ID:1BcdQo2/O
    >>165
    愛国少年すなぁw


    245 :名無しさん@涙目です。(福岡県) 投稿日:2011/03/04(金) 11:58:05.17 ID:P7ueS0v90
    >>165
    軍国少年ってか軍事マニアだろ
    今でもそうだ









    ルパン最終回とラピュタのロボットの元ネタはスーパーマン



    27 :名無しさん@涙目です。(島根県) 投稿日:2011/03/04(金) 08:46:48.94 ID:fOrkBegP0


    2978534.jpg


    このシーンはしびれた


    205 :名無しさん@涙目です。(埼玉県) 投稿日:2011/03/04(金) 11:09:57.32 ID:vNg8C/FV0
    >>27
    気になる
    何これ


    218 :名無しさん@涙目です。(大分県) 投稿日:2011/03/04(金) 11:23:13.82 ID:7KQD/rDf0
    >>216
    いやこれだって・・・何でスルーするかな

    スーパーマン

    http://www.youtube.com/watch?v=joFQIV2wJyE#t=4m30s




    関連:ラピュタのロボット兵の元ネタが出てくるアニメ
    宮崎駿「ルパン三世-最終話」の元ネタ|元ネタさがし


    221 :名無しさん@涙目です。(埼玉県) 投稿日:2011/03/04(金) 11:27:02.30 ID:vNg8C/FV0
    >>218
    ほんとだ。見えてなかったわ。スマソ
    サンクス!

    230 :名無しさん@涙目です。(埼玉県) 投稿日:2011/03/04(金) 11:41:21.42 ID:vNg8C/FV0
    >>228のレス見て探したら
    これラピュタに出てきたあれじゃんw



    ラピュタもルパンのも>>218これが元ネタなのか・・・


    222 :名無しさん@涙目です。(長屋) 投稿日:2011/03/04(金) 11:29:29.84 ID:Sz93+VhA0
    >>218
    マジかw
    俺の宮崎への尊敬の念に256のダメージ



    228 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区) 投稿日:2011/03/04(金) 11:35:39.54 ID:M9rceucT0
    >>218
    ルパン最終回これパクったの?
    パヤオも結構アレだな



    229 :名無しさん@涙目です。(埼玉県) 投稿日:2011/03/04(金) 11:38:46.11 ID:M7cI7AqA0
    >>218
    ガキの頃は海外のアニメーションの動きが好きになれなかったけど
    今見るとすごくイイな





    天空の城ラピュタ [Blu-ray]
    ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2010-12-22)
    売り上げランキング: 403
    Amazon ベストセラー
    1. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 01:24  ▼このコメントに返信

      アニメも勿論だけどナウシカの原作とハウルの小説読んだ時は震えたわ
      パヤオ好きの友達がしつこいから嫌々読んだのに

      作家うんぬんは認めざるを得ない……

    2. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 01:31  ▼このコメントに返信

      ラピュタの城が壊れていくのも「王と鳥」(「やぶにらみの暴君」)の影響を受けてる。ただみんな真似れば作品を作れるわけじゃないからそれを昇華してアレンジして作品に活かせるってのも才能なのかなと思う。
      「アバター」はジブリも含めてすごい色々な作品の影響を感じたからな。

      あと老いに対しては宮崎駿は「才能も日々磨耗していくもの」といっている。それと自分の功績みたいのは何もないといっていた。そんなもの目に見えないし意味がないと考えているみたいでそれ故に作品を作り続けているっぽい。

    3. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 01:35  ▼このコメントに返信

      ベタだけど新海にはちょっと期待してる

    4. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 05:23  ▼このコメントに返信

      海外SFの影響はもちろん強くある

    5. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 07:00  ▼このコメントに返信

      スレタイ通りだとしたら寂しいかぎりだ・・・
      もっと良作を!

    6. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 13:25  ▼このコメントに返信

      スーパーマンの作画すごいな・・・

    7. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/05(土) 18:39  ▼このコメントに返信

      ハウルの小説は宮崎駿が書いたものじゃないだろ?

    8. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/06(日) 14:55  ▼このコメントに返信

      戦前の欧米アニメのクオリティはガチだな。
      たまに唇だけ実写っていうすげえきみ悪いのもあるがwww

    9. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/03/26(土) 04:23  ▼このコメントに返信

      >>6
      フライシャーだからな。
      アニメーション技術はジブリが出るまでダントツ最強だった筈。
      そりゃアニメーション技術に関しては最大の影響元だし、巨神兵が似ててもしょうがない。
      「バッタ君街へ行く」なんてもはやロストテクノロジーの域だろ。

    10. 名前: -  投稿日:2017/08/08(火) 22:09  ▼このコメントに返信

      このコメントは管理者の承認待ちです

    コメントの投稿
    ←空欄だと「名無しさん」に

    コメント欄に「※〇〇」,「米〇〇」(半角数字)でポップアップするアンカーを表示できます。
    ※「http」はNGワードです
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。