Script is OFF 物凄く読みたくなる西尾維新『少女不十分』の感想文 - かくれオタのブログ
    I'll be back.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Amazon ベストセラー
    1. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/20(火) 13:30  ▼このコメントに返信

      特盛り文章の元祖は失われた時を求めて
      これ豆な

    2. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/20(火) 14:09  ▼このコメントに返信

      失われた時を求めてと少女不十分を一緒にするなよw

    3. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/20(火) 15:31  ▼このコメントに返信

      うわぁ…信者でんなぁ…

    4. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/20(火) 16:29  ▼このコメントに返信

      まぁそういう趣旨のレスだから詭弁だとは理解してるだろうけど基本的に欠点を指摘されるのを先回りして逆に良いって言ってるだけなんだよな

      「当然だ。意図的にそうしてあるのだから。」

    5. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/20(火) 18:58  ▼このコメントに返信

      なるほど
      俺は維新ファンじゃないから止めとこ

    6. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/21(水) 02:45  ▼このコメントに返信

      西尾の作品は9割方読んでるけど個人的に過去最高の駄作
      ID:aO3ukOLEはすごいやつ

    7. 名前: たむおた  投稿日:2011/09/21(水) 10:08  ▼このコメントに返信

      ※6

    8. 名前: たむおた  投稿日:2011/09/21(水) 10:14  ▼このコメントに返信

      ※6
      今さっきのは、間違いです 
      西尾維新では、どんな小説がすきですか?
      僕は、刀語です。
                      , '´,  ,       \    \   \
                      / / / , / i     ヽ.    ヽ   丶
      .                / ,.イ  /   / | |        Y ヽ  ヘ   ヽ
                     //  /  / /! l !      l  i  │i   ',
        ┏┓  ┏━━┓  ' i  イ   i7⌒Y ト ヽ  ─-、j  |  │|     i      ┏━┓
      ┏┛┗┓┃┏┓┃    l / ||   ト ,r=ュ、j  、\    ハヽ/   / j    |     ┃  ┃
      ┗┓┏┛┃┗┛┃┏━l'  ヾ.  { f'みラ! ヽ \ 示ミュイ   / /     l━━┓┃  ┃
      ┏┛┗┓┃┏┓┃┃  !    \ハ じク      iクルハj / /     j.    ┃┃  ┃
      ┗┓┏┛┗┛┃┃┗━━━ │`i ` ´ '     辷ン ノィ /.イヽ    l ━━┛┗━┛
        ┃┃      ┃┃         j  、   「` ¬     / ´ {リ  ,  l       ┏━┓
        ┗┛      ┗┛         ノ  丶  ヽ _ ノ     /   l   /  │     ┗━┛
                      _,. ィ ´   / 丶 _,  -‐' 7    j /   ',


    9. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/21(水) 22:25  ▼このコメントに返信

      星新一なら3ページで終わりそうだな

    10. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/21(水) 23:57  ▼このコメントに返信

      失われた時を求めてと少女不十分を一緒にするな、か
      一緒にしか出来ないことは誇るべきか恥じるべきかどちらかね
      答えは自分に言うが良い

    11. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/22(木) 23:18  ▼このコメントに返信

      読んでみたくなったよ。

    12. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/11/03(木) 07:29  ▼このコメントに返信

      今日 立ち読みした が 買ってよもうかおもったが  文章が 盛りすぎで 前にすすまんから

      買わんかった  裏に 娯楽ではない 小説ではない みたいな ことを かいて 保険をつけてるのか そのとうりだった 
       問題は 女性の会話がすくなすぎ 萌えが 感じれない
      化物語を みて きになっていたが 感じたのは 会話でこれだけ ストーリーが進むのかと   

    13. 名前:    投稿日:2011/11/16(水) 16:37  ▼このコメントに返信

      化物から入って西尾維新にキャラ萌えだけを要求するキモヲタ共はこれ読んで西尾維新卒業しやがれ

    14. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/11/26(土) 10:26  ▼このコメントに返信

      なんかうれしい

    15. 名前: 名無しさん  投稿日:2013/08/20(火) 22:37  ▼このコメントに返信

      少女不十分読みました。
      読んでる途中、気持ち悪くなって吐きました。
      読み終えた後、1日寝込みました。
      しかし、読んで後悔はしませんでした。
      是非とも皆さんに読んでもらいたいです。

    16. 名前: 名無し  投稿日:2014/02/03(月) 08:29  ▼このコメントに返信

      愛と皮肉入り混じった力作だなww

      少女不十分はおもしろいとかどうとかじゃなくて、作中で言ってるようなことをそのまま文字にしたかったんだろうね。西尾が。

      まあああいうのもたまにはいいんじゃないかと思うよ。読みづらいのは腹立つけどな

    コメントの投稿
    ←空欄だと「名無しさん」に

    コメント欄に「※〇〇」,「米〇〇」(半角数字)でポップアップするアンカーを表示できます。
    ※「http」はNGワードです

    物凄く読みたくなる西尾維新『少女不十分』の感想文


    org2043543.jpg


    147 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 17:38:32.27 ID:gMqDDk5E

    つまらない小説を無理矢理褒めちぎるスレ14

    http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1302400900/526-530

    すごいな。読んでみたくなった





    ↓ネタバレ注意↓




    526 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 14:52:31.60 ID:aO3ukOLE

    『少女不十分』
    著/西尾維新 イラスト/碧風羽 (講談社ノベルス)


    可能な限り純粋に作品を楽しむ秘訣は、作品と作者への知識がないことだと僕は思う。
    一度でもその作家の作品にふれてしまえば、よかれあしかれ二作目から公平な判断はできなくなる。
    中村九郎先生の新作と聞いただけで、読んでもないのに100点満点中200点を付けてしまうこのスレの住人ならよくわかるだろう。
    twitter等での発言、日常的にボランティア活動に精を出しているといった作者自身の人格を知るのも好ましくない。
    僕はインフィニット・ストラトスを読んだことはないけど、いざ読む機会が訪れても、とても素直な気持ちで読める自信がない。
    でも西尾維新は安心だ。
    僕は西尾維新の性格も性別も性質も知らない。
    作品がいくつも映像化されてる超人気作家ということくらいは知っているけど
    化物語以外知ってるタイトルはないし、当然アニメも小説も見たことがない。
    だから安全だ。
    完全に安全な状態で西尾維新を楽しめる僕に安心して感心してほしい。

    物語は今年で30歳になる主人公の小説家が、まだ普通の大学生だった10年前に起きた、ある出来事を思い出すことからはじまる。
    一人の少女のある姿を目撃した主人公は、その少女に誘拐され、一週間監禁されてしまった。
    両親から酷い虐待をうけていた少女は、心を壊し人間らしさを失っていた。
    少女の両親は寝室で死んでいた。自殺なのか他殺なのかはわからない。
    少女に同情した主人公は何か自分にできることはないかと少女にたずねた。
    「お話を聞かせて」
    人間らしさを失った少女からの、あまりにも人間らしい望み。
    主人公は必死で物語を生み出し、それを少女に聞かせた。
    わずかであっても、それが救いになればと、物語を作り続けた。
    結局、今の俺が書いてる小説なんて、あのとき少女に聞かせた物語の延長でしかないんだよなぁ、とたそがれる主人公。
    そんな彼のもとに新人編集者が挨拶にやってきた。
    「お久しぶりです、先生」
    そこには、かつて自分が物語を聞かせた少女の成長した姿が。

    おしまい。







    527 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 14:54:45.71 ID:aO3ukOLE

    ネタバレを嫌がる方がいたら申し訳ない。
    だが安心してほしい。これ以上バラすネタは残っていない。

    いわゆる超展開やご都合主義に対して、僕はかなり寛大で寛容なほうだと自負している。
    この所よく目にする魔法科高校の劣等生への執拗な批判にはうんざりだ。
    あの作品はまぎれもない名作である。
    そんな僕ですら、この少女不十分の不十分な展開には怒りに近い不快感を覚えてしまった。
    まず小学四年生の少女が大学生の主人公を誘拐して自宅に監禁するまでの過程に無理がありすぎるし
    監禁された主人公が携帯電話を持っているのに、それを使おうとしない理由にもまったく共感できないし
    何より一番無理があると感じたのは監禁されてから三日間、主人公がずっとトイレを我慢していたことだ。
    個人的に、三日トイレを我慢するくらいなら、水の上を走るほうが容易い気がする。
    余談だが、人間の体は水や食事をとらないほうが胃腸の調子が良くなって便意や尿意は強くなるという。
    その後もとても許容できない異様な展開が続き、なんとか最後まで読んでたどりついたのは
    西尾維新はとてつもない天才だという結論だった。







    528 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 14:56:21.50 ID:aO3ukOLE

    西尾維新はとにかく「盛る」作家である。
    例えば少女が主人公に一言だけつぶやく下りがある。
    凡百の作家なら“少女は「○○○」とつぶやいた。”
    と一行以内で済ませてしまうだろう。文字数にして精々40字前後。
    しかし西尾は違う。
    “少女はこう言った。それを聞いて僕はこんなことを思った。そういえば僕にはこんな過去がある、そのころの僕はこういう性格で、周りにはこんな人がいた。
    ちなみにさっき少女はこう言ったといったけど、実はそれは僕の妄想だったのかもしれない。実際少女はこう言ったからだ。”
    等々、濃密な描写が繰り広げられる。
    上の要約は限界まで削ったものであり、実際は約8280字ほどの文字情報が網羅されている。
    これは一般的な文庫本の12ページ分にあたる。
    短編なら宮沢賢治の「注文の多い料理店」がちょうど入るサイズだ。
    僕は無駄のないスッキリとした文章が好きなので、当初はこの特盛文章が不快だった。
    最終的にそれを愛してしまったのは、天才西尾維新が本作に仕掛けた壮大なトリックに気づいてしまったからだ。
    それでは種明かしをはじめよう。
    この作品には一見重大な欠点が二つもある。
    「とても許容できない超展開」と「無意味に水増しされた文章」である。
    基本的にこの二つは長所になりえない。
    宮崎吾朗監督のゲド戦記を三回連続で見せられたら、生まれたばかりの赤ん坊でも自殺したくなるのと同じで
    理不尽なものを長々と続けられるのは苦痛でしかない。
    好みの問題だと言われるかもしれないが、本作にそれはあてはまらない。
    少女不十分は誰が読んでもつまらない。
    当然だ。意図的にそうしてあるのだから。






    529 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 14:58:00.70 ID:aO3ukOLE

    この物語の構造は極めてシンプルだ。
    作家志望者の青年が傷ついた少女と出会う。
    少女を理解し、少女を救うことが結果的に青年の夢を叶えることにつながり、
    青年に救われた少女は物語にたずさわる道を選び、そして二人は再開した。
    まるでハリウッド映画のように、よくできたプロットである。
    東野圭吾や宮部みゆきが同じプロットで書いたら、きっと名作になったに違いない。
    無理のない展開とスッキリした文章でベストセラーとなり、映画化されたかもしれない。
    でも考えてみてほしい。
    全く同じことが西尾維新にも言えるのではないだろうか?
    僕は本作以外に西尾作品を知らないが、西尾維新の作品がいくつも映像化されていることくらいは知っている。
    つまり、できるのだ。
    西尾維新にだって、シンプルな文章と無理のない展開でベストセラーとなり、映画化されるレベルのものを仕上げるのは容易なはずなのだ。
    ではなぜそうしなかったのか?
    それはこの作品が小説家を目指していたかつての西尾維新の半自伝的内容であることを思えばすぐに答えは出てくる。
    もしかしたら今よりも小説に対して真摯だったかもしれない時代の話。
    西尾維新はこの作品を絶対的に小説としてだけ存在させたかったに違いない。
    間違ってもいつものように高く評価され、メディアミックスされないために、あえて未熟な箇所を多く設置したのだ。
    【この本を書くのに10年かかった】
    本作のキャッチコピーである。
    本文を読めば、この言葉には何通りかの解釈が可能であることがわかるのだが、僕の解釈はこうだ。
    西尾維新がこの本を発表するまでに10年必要とした理由。それは技術的な問題や単純な月日の流れなどではない。
    作品を発表するたびに確実に増えてきた、一人一人の読者の存在、それこそが10年かけて築き上げた西尾維新の財産なのだ。






    530 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 14:59:20.68 ID:aO3ukOLE

    少女不十分が新人の作品だとしたら、おそらく三ページも読まれない内に棚に戻されてしまうだろう。
    西尾維新という安心のブランドがあるから、読者は多少の違和感は覚えつつも読み進めてくれるのだ。
    そして気づく。
    普通に書けば一行で済む文章に、比喩、暗喩、掛詞、反語、反復、倒置法、隙あらば韻を踏もうとするなど
    数々の言葉遊びを仕掛け、自分の小説を支えてくれたファンに精一杯「活字」で恩返しをしてくれていることに。
    そこに筋の通ったストーリーなど必要ないことに。
    これこそ本作が絶対的に小説でなければならない理由だ。
    10年かけて築いた信頼関係がここにある。

    気づいてくれた方がいたら嬉しいのだけど、僕の文章はかなり西尾維新のそれに影響されてしまっている。
    もちろん上手くいってないことくらいわかっている。
    自分が維新になれるなんて微塵も思ってはいない。
    西尾維新はミシンのように僕たちを物語の世界に縫い付ける。
    そんな天才作家西尾維新が10年間の感謝の気持ちを存分に詰め込んだ玉手箱が本作なのだ。






    531 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 15:04:36.96 ID:hwnTvx+U

    すげぇ、むしろレスの方が大作だw






    532 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 17:03:19.85 ID:L5Kcao1A

    ここまで気合いが入ったちぎりは初めて見たわw


    ※ちぎり=褒めちぎり



    533 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 19:17:38.13 ID:+8AOvjim

    このスレでこんな大作書かれると、ネタか本気かわからんw







    535 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 19:28:01.84 ID:LctUuPo5

    なんだかんだいいつつも愛を感じる良いちぎりだった






    536 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 19:38:35.44 ID:oO6kxinG

    久しぶりにすごいものを見たわw






    537 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 19:48:40.45 ID:RPXK5vwV

    もう西尾維新の文章読まなくてもいいやって思えるくらい西尾維新だったwww






    538 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 19:55:21.99 ID:S8vLMAdx

    >ネタバレを嫌がる方がいたら申し訳ない。
    >だが安心してほしい。これ以上バラすネタは残っていない


    何気にヒデェ…






    539 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 21:20:27.65 ID:m0yhsoHG

    素晴らしすぎて泣いた






    540 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 21:20:59.01 ID:LzuLhvou

    これは最早本人レベル







    542 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 22:25:42.36 ID:WxgKuLY0

    愛と怒りを同時に感じるww






    543 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/17(土) 22:50:57.42 ID:CsWovDnJ

    久しぶりにちぎりだけでお腹いっぱいになった。
    なんだろう、このちぎりから受けたイメージを崩さないためにも、この少女不十分を読んではいけない気すらする。






    544 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/18(日) 01:40:08.62 ID:WzOgxIrI

    このちぎりは純粋に拍手を送りたくなるな
    今度少女不十分を読んで、改めてこのちぎりを読んでみたくなるw






    545 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/18(日) 04:47:45.01 ID:Hjmz+fi/

    これぞ褒めちぎり







    549 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/18(日) 15:55:42.33 ID:PXllYPSM

    すげぇな。
    このスレ以外で書かれてたら普通のほめ言葉だw






    555 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/19(月) 15:06:01.99 ID:PhQIulzN

    やっぱ、ちぎりは愛だな






    556 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/19(月) 18:08:22.80 ID:AnNWWXEO

    地雷にぶち当たったときに最後まで読む勇気を貰える良いちぎりだ






    557 :イラストに騙された名無しさん 投稿日:2011/09/20(火) 10:28:39.27 ID:028Y8QkO

    こういうのがあるからこのスレはやめられない……

    Amazon ベストセラー
    1. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/20(火) 13:30  ▼このコメントに返信

      特盛り文章の元祖は失われた時を求めて
      これ豆な

    2. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/20(火) 14:09  ▼このコメントに返信

      失われた時を求めてと少女不十分を一緒にするなよw

    3. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/20(火) 15:31  ▼このコメントに返信

      うわぁ…信者でんなぁ…

    4. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/20(火) 16:29  ▼このコメントに返信

      まぁそういう趣旨のレスだから詭弁だとは理解してるだろうけど基本的に欠点を指摘されるのを先回りして逆に良いって言ってるだけなんだよな

      「当然だ。意図的にそうしてあるのだから。」

    5. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/20(火) 18:58  ▼このコメントに返信

      なるほど
      俺は維新ファンじゃないから止めとこ

    6. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/21(水) 02:45  ▼このコメントに返信

      西尾の作品は9割方読んでるけど個人的に過去最高の駄作
      ID:aO3ukOLEはすごいやつ

    7. 名前: たむおた  投稿日:2011/09/21(水) 10:08  ▼このコメントに返信

      ※6

    8. 名前: たむおた  投稿日:2011/09/21(水) 10:14  ▼このコメントに返信

      ※6
      今さっきのは、間違いです 
      西尾維新では、どんな小説がすきですか?
      僕は、刀語です。
                      , '´,  ,       \    \   \
                      / / / , / i     ヽ.    ヽ   丶
      .                / ,.イ  /   / | |        Y ヽ  ヘ   ヽ
                     //  /  / /! l !      l  i  │i   ',
        ┏┓  ┏━━┓  ' i  イ   i7⌒Y ト ヽ  ─-、j  |  │|     i      ┏━┓
      ┏┛┗┓┃┏┓┃    l / ||   ト ,r=ュ、j  、\    ハヽ/   / j    |     ┃  ┃
      ┗┓┏┛┃┗┛┃┏━l'  ヾ.  { f'みラ! ヽ \ 示ミュイ   / /     l━━┓┃  ┃
      ┏┛┗┓┃┏┓┃┃  !    \ハ じク      iクルハj / /     j.    ┃┃  ┃
      ┗┓┏┛┗┛┃┃┗━━━ │`i ` ´ '     辷ン ノィ /.イヽ    l ━━┛┗━┛
        ┃┃      ┃┃         j  、   「` ¬     / ´ {リ  ,  l       ┏━┓
        ┗┛      ┗┛         ノ  丶  ヽ _ ノ     /   l   /  │     ┗━┛
                      _,. ィ ´   / 丶 _,  -‐' 7    j /   ',


    9. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/21(水) 22:25  ▼このコメントに返信

      星新一なら3ページで終わりそうだな

    10. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/21(水) 23:57  ▼このコメントに返信

      失われた時を求めてと少女不十分を一緒にするな、か
      一緒にしか出来ないことは誇るべきか恥じるべきかどちらかね
      答えは自分に言うが良い

    11. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/09/22(木) 23:18  ▼このコメントに返信

      読んでみたくなったよ。

    12. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/11/03(木) 07:29  ▼このコメントに返信

      今日 立ち読みした が 買ってよもうかおもったが  文章が 盛りすぎで 前にすすまんから

      買わんかった  裏に 娯楽ではない 小説ではない みたいな ことを かいて 保険をつけてるのか そのとうりだった 
       問題は 女性の会話がすくなすぎ 萌えが 感じれない
      化物語を みて きになっていたが 感じたのは 会話でこれだけ ストーリーが進むのかと   

    13. 名前:    投稿日:2011/11/16(水) 16:37  ▼このコメントに返信

      化物から入って西尾維新にキャラ萌えだけを要求するキモヲタ共はこれ読んで西尾維新卒業しやがれ

    14. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/11/26(土) 10:26  ▼このコメントに返信

      なんかうれしい

    15. 名前: 名無しさん  投稿日:2013/08/20(火) 22:37  ▼このコメントに返信

      少女不十分読みました。
      読んでる途中、気持ち悪くなって吐きました。
      読み終えた後、1日寝込みました。
      しかし、読んで後悔はしませんでした。
      是非とも皆さんに読んでもらいたいです。

    16. 名前: 名無し  投稿日:2014/02/03(月) 08:29  ▼このコメントに返信

      愛と皮肉入り混じった力作だなww

      少女不十分はおもしろいとかどうとかじゃなくて、作中で言ってるようなことをそのまま文字にしたかったんだろうね。西尾が。

      まあああいうのもたまにはいいんじゃないかと思うよ。読みづらいのは腹立つけどな

    コメントの投稿
    ←空欄だと「名無しさん」に

    コメント欄に「※〇〇」,「米〇〇」(半角数字)でポップアップするアンカーを表示できます。
    ※「http」はNGワードです
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。