Script is OFF 魔王「今度の勇者は女の子か……可愛いな……ぐふふふ」 - かくれオタのブログ
    I'll be back.

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Amazon ベストセラー
    1. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/11/12(土) 23:13  ▼このコメントに返信

      やってること自体は普通の勇者たちと変わらない所業

    2. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/11/13(日) 05:00  ▼このコメントに返信

      いやまあ残虐行為は普通の勇者はここまでやってないけどな

    3. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/11/13(日) 09:59  ▼このコメントに返信

      結局こんな終わりか

    4. 名前: 一尉  投稿日:2011/11/13(日) 13:42  ▼このコメントに返信

      コンボイ「なにやっているんだい・・・。」

    コメントの投稿
    ←空欄だと「名無しさん」に

    コメント欄に「※〇〇」,「米〇〇」(半角数字)でポップアップするアンカーを表示できます。
    ※「http」はNGワードです

    魔王「今度の勇者は女の子か……可愛いな……ぐふふふ」


    1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 14:32:15.89 ID:vWd6TAgz0


    魔王「ぐうふふふ……ふひひ」

    側近(……まったく魔王様ときたら)

    魔王「みよこの水晶玉を! 可愛い可愛い勇者ちゃんが映っておるぞ!」

    側近(勇者が生まれてからというものの、ずっと水晶ばかり覗き込んで)

    魔王「このあどけなさを残した少女がいずれワシを殺しにくるんじゃあ! わははは!」

    側近「仕事してくださいよ」

    魔王「……むぅ、仕方ないのぅ」






    2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 14:36:04.91 ID:vWd6TAgz0



    数年後


    魔王「勇者ちゃん……ついに旅立ちの日か……感慨深い」

    魔王「人の王よ、勇者ちゃんにたんまり旅立ちの資金を与えてやるのじゃ」

    魔王「って! 50Gでなにをするんじゃ!! なんという愚鈍な……考えられぬ」

    魔王「はぁ……一体どんなことを話とるんじゃろうか。声が聞こえれば最高なのじゃが」

    側近「魔王様。危機感もってくださいよ。にっくき勇者の旅立ちですよ」

    魔王「そ、そうじゃったな。ええい小癪な人間どもめー! 返り討ちにしてくれるわ」

    側近「早速大陸の魔物たちに伝令しましょうか。勇者を討伐しましょう」

    魔王「ま、まて!」

    側近「……?」

    魔王「ちょこーっとだけ、手加減してやらんか?」

    側近「はぁ?w」







    3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 14:36:46.65 ID:Xza4ZrRv0

    かわいい魔王だ






    6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 14:40:57.59 ID:vWd6TAgz0



    魔王「だって可哀想じゃろ」

    側近「可哀想てあんた。世紀の大魔王のセリフですかそれ」

    魔王「ち、ちがうわい! ククク…ただワシは楽しみたいのじゃ、ニヤリ」

    側近「はいはい、魔王様魔王様。さぁ、とっとと仕事してくださいよ」

    魔王「クハハ! 勇者め! ワシが直々に手を下してやろう! クククハハハげほっげほっ」

    魔王「すまん、急に立ち上がったら腰が……」

    側近「ムリしないでくださいよ、年なんだから」

    魔王「だって……」

    側近「はぁ……あんた絶対会いたいだけでしょ。だめですよ城から離れちゃ」

    魔王「だ、だから貴様らは勇者ちゃんがここに来れるよう根回しせんかい!!」

    側近「めんどくさい人だなぁ。いままで瞬殺してきたくせに」

    魔王「ムサイ男の手にかかるのはごめんじゃ」







    7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 14:44:41.96 ID:vWd6TAgz0


    側近「水晶玉のぞいていいのは一日3時間までですよ。それ以上はますます目悪くなりますので」

    魔王「小うるさいのぅ。早く辞任すればいいのに」

    側近「それはこっちのセリフだ!! って失礼しました」

    魔王「茶」

    側近「いれますよ。待ってください」

    魔王「老骨の最後の願いじゃ。せめて可愛い子の手で死にたいのじゃ」

    側近「あなたは死にません。私が守りますから」

    魔王「やめてくれ……」

    側近「側近をなめないでください。勇者なんてひとひねりですよ」

    魔王「やめてくれええええ!! 勇者ちゃんを殺すなぁあああ!!」

    側近「殺さないであげますからこの書類の山に目を通してください」

    魔王「……そうやって老体に鞭打つじゃろ?w 嫌味な奴じゃな?w」 

    側近「早く死ね」







    9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 14:49:40.66 ID:vWd6TAgz0


    魔王「おっと、そうこうしてるうちに勇者ちゃんが仲間を探しはじめたようじゃぞ」

    側近「僧侶がいなければいくぶん私らとしては楽にことが進むんですが」

    魔王「僧侶と魔法使いと戦士がベストじゃな!」

    側近「……」

    魔王「男はダメじゃ男はダメじゃ男は許さん男は潰す男は殺す男はダメじゃ」

    側近「勇者一行とて若い男女、旅をとおしていろいろ青春するんでしょうね」

    魔王「それはいかんそれはいかん!! それはいかん!! やめさせろ!!」

    側近「あ、でもみんな女性で固めたようですね」

    魔王「おっっしゃああああああ!! ひゃっっほうううう!!」

    側近「急に立ち上がるな!!」

    魔王「すまん」

    側近「女一行とは、こちらとしてはやりづらいことありゃしない」

    魔王「まったくじゃ! うんうん、リンチにして殺してもらおう」







    12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 14:55:40.67 ID:vWd6TAgz0


    側近「どうやら自己紹介してるようですね」

    魔王「そうじゃぞ勇者ちゃん。まずは友達作りじゃ」

    魔王「絆を深めて、時には共に血と汗と涙を流し、レベルあげに勤しむのじゃ」

    魔王「あぁなんとも笑顔が可愛いのぅ……」

    側近「そうですか? 人の子に魅力なんてありませんよ」

    魔王「一体どんな話をしておるんじゃろうか、混ざりたいのう」



      勇者『んでさーwww王さま超くせぇえええって感じwww』

      戦士『ぎゃはっwwwまじかようけるーwww』

      魔法使い『なにそれーどんびきーっってか魔王ってイケてる系?』

      僧侶『超ぶせぇらしよー、超冷めー』

      勇者『さっさとぶち殺して大金手に入れて都会で男漁るべwwwww』

      戦士『さんせーwwwwwwww』






    13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 14:57:07.18 ID:pxxZ4kbA0

    これが聞こえてないのか…






    14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 14:58:06.58 ID:c1f+7Z2p0

    この世の中とこのスレに絶望を感じました…






    15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 14:58:34.56 ID:q6EMYq6l0

    完璧に魔王に萌えるスレになりました






    18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:00:14.07 ID:vWd6TAgz0


    魔王「ええい、声さえ聞ければのぅ……惜しいところじゃ」

    魔王「じゃが、きっと品行方正な淑女の集まりなんじゃろうな……」

    魔王「ま、魔王かくごぉー! なんて言っちゃったりして……ぐふふふかわゆいのぅ」

    魔王「ハァハァ」

    側近「はい没収です。今日は残りしっかり働いてくださいね」

    魔王「ケチんぼめ」

    側近「何か勇者に動きがあったら私が知らせます」

    魔王「ワシにもみせろ! ワシにもみせろ勇者ちゃん!!」

    側近「まだまだこんな旅立ってすぐの勇者ごとき、監視するには至りませんよ。そこらのスライムにひねり殺されるレベルです」

    魔王「スライムに伝令!! 手加減しろいますぐ!!」

    側近「ムリですって」

    魔王「うわあああ勇者ちゃんがんばるんじゃあああああ!!!」






    20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:04:10.82 ID:vWd6TAgz0


    ――――



    勇者「は?wwこれスライムじゃね?」

    スライム「ピキイイイ!!」

    僧侶「ないてるよまじうけるんですけどwwwwwww」

    戦士「やっちゃう?」

    魔法使い「いじめカワイソー、クスクス」

    スライム「ピキィイイイ!!」ビュン

    勇者「うわっ、っとと」

    僧侶「勇者ちゃんかっこいいーマジ惚れるんですけどー」

    勇者「あたしバイじゃないしー! ごめんねー☆」

    戦士「えいっ」

    スライム「ギャッ」

    戦士「あ、死んだ(笑)」

    魔法使い「てかちょろくない?www魔王とか明日には倒せる系?」







    21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:08:05.90 ID:vWd6TAgz0




    ――――



    側近「ほぅ……スライムを撃破したか、なかなかやるな勇者たち」

    側近「才能はあるようだ。だが次はどうかな……ふふふ」

    側近「まかせたぞゴーレム」

    ゴーレム「ゴフッ」

    魔王「なーにしとるんじゃ☆」ヒョコッ

    側近「うわっ、じじい」

    魔王「なにしとるんじゃ? 作戦会議ならワシもまぜい」

    側近「勇者抹殺計画です」

    魔王「!! い、いまなんと……」

    側近「勇者抹殺計画です!!」

    魔王「や、やや……やめんか!!! やめてくださいおねがいじゃ」

    側近「一応軍事権は私にもありますので」






    22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:13:00.47 ID:vWd6TAgz0


    魔王「どうしてワシの楽しみをうばうんじゃ!!」

    側近「勇者がここまできたら困るんですよねぇ……国防省が袋叩きにあいますよ」

    魔王「そんなもんしらんわい!! ワシが責任とって死ぬから!!!」

    側近「だからあんたが死んだらそれこそ大問題だろうがー!」

    ゴーレム「ゴフォwwwwwwwwww」

    魔王「嫌じゃ嫌じゃ!! 勇者ちゃんの手にかかって死にたいんじゃ!」

    側近「それ国民にきかせてやりたいです」

    魔王「戦士ちゃんに四肢をもがれて、僧侶ちゃんに回復で生殺しにしてもらって、

        魔法使いちゃんに身体を焦がされて、最後に勇者ちゃんの聖剣で貫いてほしいんじゃ」


    側近「そうなったら魔界の終わりですよ」

    魔王「じゃあ貴様が魔王になったらええじゃろがい!!」

    側近「え? いいんですか?」

    魔王「ええぞ」

    側近「ほぅ……」







    23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:15:09.39 ID:p4HNojer0

    ただの変態じゃないですかー!






    25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:19:09.25 ID:vWd6TAgz0


    ゴーレム「ゴフッ」

    側近「と、とにかく! ある程度防衛してる体裁は保たなきゃいけませんので」

    魔王「めんどくさい国じゃのう」

    側近「あたりまえでしょ。私個人が各所から集中砲火あびるのだけはごめんですからね」

    魔王「まーた保身か。やめてしまえ」

    側近「あんたがまともに働かないからこうやって苦労と責任を買ってでてるんでしょうがー!」

    魔王「は? いやどうも最近耳がとおくて……」

    側近「よし決めた殺してもらおう。お金を払ってでも魔王を殺してもらおう」

    魔王「ワシはそれでも一向にかまわん!!」

    側近「よーし! 滅ぼすぞー! 勇者ーはやくこーい!」

    ゴーレム「ゴフォwwwwwwwwwww」

    側近「いけ、ゴーレムよ。ほどほどに戦って、国防に全力を尽くしたアピールをしてくるのだ」

    ゴーレム「ゴフフフォwwwwwwwwww」

    魔王「大丈夫かこいつで。脳筋じゃぞ」

    側近「ブロックです」






    26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:22:34.16 ID:vWd6TAgz0



    ――――


    魔法使い「わーー!! わーー!」

    僧侶「どうしたのー? いい男でも見つけた?」

    魔法使い「う、うごいたんだけどこの石像まじびびる」

    ゴーレム「ゴッフォwwwwwwwwww」

    戦士「まじきもくない?」

    勇者「きっしょ…………吐き気する」

    ゴーレム「……ゴフォ?」

    勇者「あたし不細工嫌いなんだよねー」

    ゴーレム「ゴ、ゴフォ……」アセアセ

    勇者「だからさぁ、魔王の手下だよねあんた?」

    ゴーレム「……」


    勇者「まじ死んでくれない? てか殺すけど? きもいからw」ニタァ






    27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:25:57.93 ID:vWd6TAgz0



    ザシュッ ザシュッ

    グシャ ベキベキ


    \ゴフォオオオオオオッ!!/



    魔法使い「うわ、勇者やりすぎーどんびきだしぃー」

    勇者「あは☆ こいつまじぶっさしたらおもろいよ」

    勇者「ごふぉだってwww」ザクッ

    ゴーレム「ゴフォオオオオオ!!! ガァアア」

    僧侶「えーいホイミ☆ いま流行りの生殺し拷問系女子」

    ゴーレム「ゴ……ゴ……」

    戦士「とりあえず目つぶしくべ」ブシュ

    ゴーレム「ゴアアアアアアアア!!!」

    勇者「うっせーな、大の魔物がぴーこらなくなってwww」グサグサ






    28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:28:33.38 ID:BqIliLA9O

    おぞましい






    29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:29:52.90 ID:wXPs4wHmO

    ひどいが世の真理を突いている






    30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:33:08.83 ID:vWd6TAgz0


    勇者「キャハハハハハハ、血でないってのもおもしろいね!!」

    戦士「ばらして川にしずめようよwwwww」

    僧侶「それうけるーwww」

    魔法使い「みてー泣いてるよー」

    勇者「アハハハハハ!!! きもーーーーーーーい!!!」


    ゴーレム「ゴフォ………」

    ゴーレム「――――」




    ――――――



    側近「なに? ゴーレムがやられた?」

    使い魔「というよりも消えてしまいまして……」

    側近「むぅ……」






    31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:37:00.27 ID:vWd6TAgz0


    使い魔「断末魔が聞こえて現場に向かったときにはもうそこに姿はなくてですね」

    側近「勇者め……やりおるな」

    使い魔「一応ゴーレムを捜索しますか?」

    側近「そうだな。あいつを組み立てるのにもそうとう予算を割いてるからな。

        どっかいってなくなりました、だとまた小突かれる」

    使い魔「勇者たちはどうしましょう」

    側近「うーむ……まさかゴーレムが敗れるとはおもってなかったからな」

    使い魔「手加減を命じたのでは?」

    側近「官僚ジョークだあんなもの」

    使い魔「はぁ……」

    側近「本気で来て欲しいなんて思っていない。ただでさえ外交に忙しい時期だというのに」

    使い魔「刺客はどうなさいますか?」

    側近「私の配下のドラゴンを使おう」

    使い魔「すぐに呼んできますね」

    側近「うむ」







    33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:41:42.47 ID:vWd6TAgz0


    ……


    使い魔「呼んできました」

    ドラゴン「ドラドラァwwwwwwwゴエーwwww」

    側近「……うむ、不安は残るが実力派折り紙つきだ」

    使い魔「知能が足りてませんが」

    側近「そのほうがかえってよい。こいつは獲物に対して情などもたない冷酷な殺戮モンスター」

    側近「勇者め……この爪と牙の餌食となるがいい」

    ドラゴン「ンンwwwwwwwwwwwwww」ギラン

    使い魔「うまくいくと良いのですが。勇者はそこそこに武装をととのえ、レベルもあがってきています」

    側近「大丈夫だ。まだなんとかなる」

    使い魔(どうだかなー。呑気なことしてる暇ないとおもうんだけど)

    側近「今年度予算案の修正はいまさらできん。手持ちの戦力で叩き潰すしかほかあるまい」

    使い魔「はい……」







    34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:47:18.83 ID:vWd6TAgz0



    側近「魔王様」

    魔王様「なんじゃ話かけるなワシはいま忙しい」

    側近「ほう、勇者を透視するのがそんなに忙しいですか」

    魔王「……かわええのぅ、なんという天真爛漫さじゃ」

    魔王「笑顔につつまれた清らかな心が伝わってくるようじゃわい」

    魔王「たくさん愛されて育ったんじゃなぁ、いいことじゃ」

    側近「その天使のような勇者にゴーレムが負けましたが」

    魔王「おお、おお。気高さと強さも兼ね揃えておるんじゃなぁ……ウットリ」

    側近「だめだこの人……」

    魔王「ワシがたーっぷり可愛がってやるからのぅ」

    側近「……敵対国家の最重要案件ですよ」

    魔王「……うふふふふ」


    側近(もうだめだ。この人の時代は終わった。私がなんとかするしかない……)






    35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:48:41.89 ID:APKX1BuW0

    戦い方 表情を見れば一瞬でわかると思う
    そこんとこどうよ?






    37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:51:54.34 ID:MYKrqKdJ0

    ヒント:一日3時間しか見せてもらってない






    36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:51:15.75 ID:vWd6TAgz0



    ――――


    ドラゴン「ンンwwwwwwwゴアーwwwwwwwww」

    勇者「ちょーうけるっwwwww」

    魔法使い「ドラゴンじゃん! 間近で見たらきもっ!」

    戦士「皮膚やばくない? まじ悪寒ダッシュなんですけどー」

    僧侶「はぁー……もっとイケメンとかいないわけー?」


    ドラゴン「……」

    勇者「あんたさぁ、まじいけてないよ?」

    ドラゴン「……」

    勇者「言葉わかる? まじきもいよ?」

    ドラゴン「……ゴ、ゴアー」

    僧侶「声もやばくない? どうやったらそんなきもくなれんの? 病気?」

    ドラゴン「……」







    38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:54:28.95 ID:vWd6TAgz0


    戦士「ぎゃははっ、イジメカワイソー」

    勇者「なにしにきたの? もしかしてあたしら殺しにきた?」

    ドラゴン「……」

    魔法使い「だまってちゃわかんないんだけどぉ? なぁ?」

    ドラゴン「……ご、ゴア」

    勇者「魔王の手先だよね? じゃあご愁傷様ぁ~☆」

    ドラゴン「……」フルフルフルフル

    戦士「あ、違うの?」

    ドラゴン「ご、ごあ……」

    勇者「何、違うの?」

    ドラゴン「……」

    勇者「はっきろ答えろよきめーなテメェはよ!!!!」

    ドラゴン「ゴゴゴゴゴ、ガアアーッゴアー! (T0T)」

    戦士「勇者勘弁してあげなよ泣いてるじゃん」

    僧侶「あんた顔は可愛いけど気迫やばすぎーwwwww」






    39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:56:58.16 ID:ddacMchS0

    知能足りてないくせして人語は解するのな






    41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 15:58:26.71 ID:vWd6TAgz0


    勇者「もういいじゃんいつもどおりバラそうよきもいし」

    ドラゴン「……シクシク」

    戦士「えー、よくみりゃかわいーしー」

    勇者「かわいくねーよwwwwwwこいつの態度みてるだけでイライラするんだけど」

    僧侶「びびらすからじゃーんwwww」

    魔法使い「よしよし、いい子だねー」

    ドラゴン「キュゥーン、キュゥーン……」

    魔法使い「なでなでなでなでメラミ!」

    ドラゴン「キュピュウウウウウ」

    勇者「うわっ、さいてー」

    魔法使い「あんたがいうのwwww」

    勇者「あ、じゃあもうやっちゃおか」

    魔法使い「めんどくさいしこいつ喋れないっぽいし殺そー」

    戦士「おっけー、日もくれるしパパっとバラすよー」

    僧侶「きゃははははは」






    42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:01:25.52 ID:vWd6TAgz0


    ザシュ ザシュ――――



    キャハハハハハ 血の色マジヤバクナイwwwww

    ウケルwwwwwwwwww


    \ゴアーーーー!!!/



    使い魔「な……ッ!!」



    勇者「きゃははっはははははははははは」

    魔法使い「ひーひひひひっひひいひひひwwwww」

    僧侶「ホイミ! ホイミ! ホイミ! ぎゃははははは」

    戦士「おらいっぱーつ! にはーつ! さんはーつ! ぎゃががははあああ!!!」

    ドラゴン「ギャアアアアアアア」


    使い魔「あ、悪魔だ…………ッ!! あいつらこそ……ひ、ひ……ぃ」






    43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:06:18.09 ID:vWd6TAgz0


    勇者「あ?」

    使い魔「!!」

    戦士「どうしたの? 陣痛でもはじまったwww?」

    勇者「ちがうしーwwwてかまだヤってないしーwwww」

    戦士「バージン勇者とかきもくねーwwwwww」

    勇者「そうじゃなくてぇ。聞いてよー。

        なんかさー、すんごい遠くにこっち見てる奴がいるっぽいんだけどー」


    使い魔(なっ、馬鹿なっ! 軽く1キロメートルは離れてるんだぞッ)


    僧侶「また女の勘ってやつー?www」

    勇者「勘っていうかー、シックスセンスみたいなー?ww」

    戦士「あんたそういうのすごいよねー」

    勇者「あー、まじうぜぇちょこまかしやがって、いままでずっとつけてたのこいつっぽい」

    戦士「逃したらめんどくさー」

    勇者「うーん……あ、そっか☆ こうすればいいんだ」ミシミシ






    44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:10:15.48 ID:vWd6TAgz0


    ブチッ

    勇者「えいっ」ビュオッ 


    使い魔(何かを投げた……!?)

    使い魔(ままっま、まずいまずいこっち向かってくるまずい)

    使い魔「ギャアアア」

    ザシュ

    使い魔「ガッ、これ……鱗!? ドラゴ……!?」

    使い魔「なn……だと……」


    勇者「撃墜したっぽいwwwwwwww」

    魔法使い「あたしらいらないじゃんまじでwwwww」

    勇者「えーいるよー友達じゃーんwww」

    戦士「友達とかまじきめぇよー」

    僧侶「ドラゴンさんブーメラン最強じゃんwwwww」

    勇者「死体も結構役に立つねー」






    45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:12:43.40 ID:mAxz6u7C0

    なまじスペック高いとシャレにならないな…






    46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:17:09.13 ID:vWd6TAgz0



    ……


    使い魔「はぁ……ハァ……魔王様、いや側近様に伝えねば……」

    使い魔「やつらは化物だ…………今の軍備じゃ……城にたどりつく……ッ」

    使い魔「ぐっ、あああぁあ」

    使い魔「いまの光景をみてくれているといいが……なにぶん向こうは深夜……」

    使い魔「まずいですぞ……」

    使い魔「なんとか、城まで……這ってでも。港へたどりつけば……まだ……」

    使い魔「ぐぅ……痛いぃ……痛イィ……助けて、おかーさん……」

    使い魔「化物だ、怖い……」

    使い魔「笑いながら……あいつら……ぼくらのこと殺すんだ……う……」


    勇者「やっぱまだ生きてた! あはぁ☆」


    使い魔(こんな……ふうに――――ッ――――) グシャ







    47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:17:25.84 ID:ddacMchS0

    魔王はそりゃあもう勇者達がびっくりするあまり
    5km後方まで満遍なく糞尿撒き散らすくらい強い奴であってほしい






    48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:18:45.44 ID:bNej32Gc0

    なんという展開……






    50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:23:25.69 ID:vWd6TAgz0



    ……


    戦士「うわー、ぐろー」

    僧侶「一人で走っていったと思ったらwwwww」

    魔法使い「命中精度まだまだって感じ?ww」

    勇者「しかたないじゃーんwwwドラゴンの鱗なげるのなんてはじめてなんだしwww」

    戦士「あーあー、もっといたぶって殺してぇなー」

    僧侶「魔王の国にいけばそれこそやりほうだいじゃねwww」

    魔法使い「今でも相当自由にやってんじゃんwwwwww」

    勇者「勇者一行の特権だよねーwwwwまじおいしいし」

    戦士「ストレス解消してお金と感謝がいただけるなんてうますぎwwwwww」

    勇者「このペースだとあと一月くらいでたどりつけるかなぁ?」

    僧侶「余裕じゃねwwww」

    魔法使い「もうちょっと遊んで回りたい気もするけどw」

    勇者「温泉とか入りたーい」







    52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:28:25.47 ID:vWd6TAgz0



    ――――――――


    魔王「さて、今日も勇者ちゃんを眺める一日がはじまるぞい」

    側近「……」

    魔王「どうしたんじゃい。ええじゃろまだ三時間のこっとるんじゃから」

    側近「いえ……」

    側近(おかしいな、使い魔のやつ……どうした?)

    側近(ドラゴンと共に敗れたか? いやいやありえん、そんなヤワな鍛えかたしてないはず)

    側近(あいつは過去の大戦で聖騎士団の分隊を一人で壊滅させた古豪、ゆえに俺の右腕)

    側近(……しかし、不安がよぎる)

    側近(この水晶玉に映る遥か遠方の少女たちの笑顔が、妙に恐ろしく感じるのは私だけだろうか)


    魔王「おふぉっwwwお風呂じゃぞ!! お風呂じゃ!!」

    側近「む……! いけませんよそれは」

    魔王「なんでじゃ!! あ、さては貴様勇者ちゃんたちのお風呂シーン独り占めする気じゃなヘンタイめ!!」






    53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:29:35.31 ID:xr+RAjtO0

    魔王・・・目を覚ませ><






    54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:30:38.94 ID:MYKrqKdJ0

    側近は女だと思ってたのに。。。。。






    55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:34:45.75 ID:vWd6TAgz0


    魔王「……僧侶ちゃん>戦士ちゃん>勇者ちゃん>魔法使いちゃん」

    魔王「と、いったところか……」

    側近「は?」

    魔王「ゴホン、ひとりごとじゃムフフ」

    側近「どこ見てるんですかなぁ!! あんた人間の娘っ子の裸みて何が嬉しいんですか」

    魔王「うるさいわ!! お主もどうせワシから没収しとる間チラ見しとるんじゃろう!」

    側近「ええしてますとも! 迎え撃つ傾向と対策のためにね!!」

    魔王「そういうの世間ではのぞきっていうんじゃぞ!!」

    側近「いわねーよ! あんたがいまやってることがまさしくそうだよ!」

    魔王「まったく!! はぁ……よみがえるのぅ……」ホクホク

    側近「よみがえらなくていいから早く老衰で逝けよ」

    魔王「最近カリカリしとるぞ、どうしたんじゃ」

    側近「部下がてひどい目のあってるんですよ。そりゃあ上司として頭かかえますって」

    魔王「お主が行けばいいじゃろうが」

    側近「俺が……私が行けば政がはかどらないでしょうに」







    56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:40:04.55 ID:vWd6TAgz0


    魔王「人生たのしんどるか?」

    側近「あんたはいいよな、ほんとそう思いますよ、国の未来とか案じる年齢じゃないし」

    魔王「ええじゃろう? 羨ましいか?w」

    側近(……くそ、最近マジで殺したくなってきたぞ)

    魔王「まぁ冗談はおいといてじゃ。堅物くんには通じんみたいじゃからのう」

    側近「……」

    魔王「次はワシの部下を向かわせよう」

    側近「魔王様直属の部下ですか? ……ということは」

    デーモン「俺だ」ヌッ

    側近「うわっ、お前か」

    デーモン「そう邪険にするな。俺とお前の古い仲だろう?」

    側近「いつの間に魔王様にとりいった。お前は権力争いに敗れて地方に飛ばされたはず」

    デーモン「あぁ、てめぇのせいでな」ゴゴゴg

    側近「……」ゴゴゴゴ

    魔王様「け、ケンカはやめるんじゃ……」






    58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:44:27.22 ID:vWd6TAgz0


    デーモン「とにかく。この娘っ子の首を俺がひねればそれで文句ないんだろう?」

    側近「……あぁ」

    魔王「ちゃうわい!! 殺してはならんぞ!!!」

    デーモン「はて?」

    魔王「勇者ちゃんは絶対ワシのもとにつれてくるんじゃ!!」

    デーモン「ではさらって来ればいいのですかな?」

    側近「いやだめだ。それだと政府が手引きしたように見える」

    デーモン「その後殺せばなんの問題もないのでは?」

    側近「卑劣な手段を使うと国際法に抵触するだろ」

    デーモン「じゃあ何をすればいいのだ? 俺を指名しておいてまさか偵察などというくだらない任務を」

    魔王「……わかった」

    側近「おお、魔王様、ようやく腰をすえられましたか」

    魔王「勇者ちゃんを殺すことは許さん。だがその取り巻きはかまわんぞ」

    デーモン「ほぅ……」

    側近(え……)







    59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:49:53.09 ID:vWd6TAgz0


    デーモン「かしこまりました。戦士、魔法使い、僧侶をしまつすればいいのですね」

    魔王「ううむ……仕方ない……勇者ちゃんは悲しむじゃろうが……心を鬼にするわい」

    側近(鬼どころかあんた魔王だろ……)

    デーモン「ひとひねりにしてくれますよ。頭蓋骨くらいはもって帰りましょう」

    側近「頼んだぞ」

    デーモン「貴様の命をうけるわけではない」

    側近「チッ。いい気になるなよ」

    デーモン「ふん、貴様こそ、成り上がりの小僧が」

    側近「……気を付けろよ。腹心の使い魔も連絡をたった、もしもがあればすぐに引き返せ」

    デーモン「誰に言っている。俺は邪悪なるデーモン様だぞ」

    魔王「ゆくのだデーモンよ!! 勇者一行を皆殺しにせい!(久しぶりに決まったのぅ)」

    デーモン「朗報をおまちください魔王様……クックック」


    バサバサ…


    側近「行ったか……これで片付くといいが……」






    61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 16:57:10.29 ID:vWd6TAgz0


    魔王「……行ったか。さてお風呂の続きじゃ」

    側近「あのねぇ……」

    魔王「にしても可愛いのぅ。まるで聖女、いや、天使、いや、神!!!」

    側近「叩き割りますよこれ」

    魔王「やめんか、まじでやめて老い先短い哀れな老人から楽しみを奪わないで」

    側近「そういうのズルイですって、ピンピンしてるじゃないですか」

    魔王「はぁ~~次の魔王は誰を推そうかのぉ~?」

    側近「ウグ……クソジジイ」

    魔王「あ゛~~ワイバーンなんか知的でええのぅ。ライオネックも品があってええのう」

    側近「おい、全部私より格下じゃないですか」

    魔王「小うるさい奴が魔王になったら国民も苦労するじゃろうなぁ~~カワイソカワイソ」

    側近「……わかりましたよ。もう少しお付き合いします」

    魔王「ほんとか! じゃあ貴様、好きな順番にならべかえてみぃ!」

    側近「は?」

    魔王「この子らじゃ! 気に入ってる順に言ってみろ!! おっぱいの大きさで決めてもええんじゃぞ」






    62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:01:07.94 ID:vWd6TAgz0


    側近「そうですねぇ……」

    魔王「やっぱ勇者ちゃんが一番か? わしはそうじゃぞ!!」

    側近「見た目しか判断基準がありませんからなんとも言えません」

    魔王「なんじゃと?」

    側近「やっぱり人間も魔物も中身ですよ!」

    魔王「いやきっと勇者ちゃんはええ子じゃ。いつも笑っとる。天使じゃ」

    側近「じゃあもう勇者が一番でいいですよ(めんどくさいから)」

    魔王「二番は?」

    側近「あーじゃあ僧侶。戦士、魔法使い」

    魔王「つまらんやつじゃのぅ」

    側近「仕事がありますんでこれで」

    魔王「ワシは時間までもう少し見てるからの。文句いうんじゃないぞ」

    側近「いまさらいいませんよ。そのかわり」

    魔王「おうおう、魔協連盟のほうにはワシのほうから次期魔王として推しておくからの」

    側近「そりゃどうも。でも死なせませんからね」






    67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:22:44.54 ID:vWd6TAgz0



    ――――――――



    デーモン「……やめろ……コレ以上は……!」


    戦士「ぎゃはっ、きゃはははははっ」グシャッ グシャッ

    小悪魔「ギャアアア」

    デーモン「……やめてくれ……」


    僧侶「ホイミ! ベホイミ! ベホマ!! ぎゃはははは溶けてる溶けてるwww」

    ゾンビ「オギャアアアアア」

    デーモン「部下たちよ……」


    魔法使い「弱すぎwwwwww一個小隊つれてきてコレはないでしょwwwwメラミ」ゴウッ

    小悪魔「ワアアアアアア」

    デーモン「……貴様らぁ……!!」

    勇者「……クスクス」






    70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:28:52.60 ID:vWd6TAgz0


    勇者「あんたがボス?」

    デーモン「……勇者ぁあ!!」

    勇者「っぽいね。うーん、結構イケメンだしどうしよっかなーwww」

    戦士「あんた見境なさすぎwww魔族はひくwwwwww」グシャグシャ

    小悪魔「ギャアアアアアアアアアアアアアアアア」


    ペキ メキョ――――

    グシャ―――― ドロ―――――


    デーモン「俺の……仲間たちが……ッ」

    魔法使い「数で押すなんてセンスなさすぎー、おっさんゲロださー」

    僧侶「生き返らせてドーーンwww生き返らせてドーンwwwwwぎゃはははははおもしれーwwww」

    勇者「ねぇねぇーおじさん、遊んであげようか? わ た し が ♪ きゃは♪」

    デーモン「……ぐぅ……」

    僧侶「やめなよーおじさんもうシナシナじゃんwww」

    戦士「くせぇから帰んな。じゃなかった。ここで死ねwww」







    68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:26:30.86 ID:bNej32Gc0

    俄然魔王軍を応援したい






    71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:33:14.01 ID:vWd6TAgz0


    勇者「ちょっとは楽しませてほしいなー」

    デーモン「我が雷で塵にしてくれる!! くらえl!!」バリバリッ

    ヒュン

    デーモン「なっ、消えた?」

    勇者「あ、いまの目で追えないんだ? 大したことないね」

    デーモン「後ろっ! くらえええ!!」バリバリ

    勇者「あーあー、無駄遣いよくないよー?ww」

    デーモン「ば、化け物め……!!」

    戦士「化け物はそっちじゃんwwwさいてーwwwwww」

    僧侶「げらげらげらげら、ひーお腹よじれるーwwww」

    魔法使い「勇者ぁ、手だししていーい?」

    勇者「だめー☆ このおじさんは私といーーーっぱい遊ぶもんっ☆」

    デーモン「くそがぁあああ!!! まとめてしねぇえ!! ライデイン!!!」

    魔法使い「はいマホカンタ-魔法返し- あ、ついつい反射で出しちゃった、ごめんね勇者」

    デーモン「ギャアアアアア!!」






    73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:38:14.35 ID:vWd6TAgz0


    デーモン「……馬鹿な……ありえない……」

    勇者「ねぇねぇ、おじさんさぁ、触手プレイとか 好 き ?」

    デーモン「!?」

    勇者「私ね、一度やってみたかったんだぁ♪ えへへ///」

    戦士「お、ご褒美ターイム?wwww」

    僧侶「ぎゃははははっ、マジ笑えるべ勇者」

    魔法使い「えっっろーーーいwww」

    勇者「えっとぉ、わたしぃ、はじめてなのぉ……///」クネクネ

    デーモン「は、はぁ?」

    勇者「だからぁ、あのねぇ? えへへ、おじさぁん/// や さ し く ♪」


    勇者「してあげるね」

    ヒュルヒュル ガチッ


    デーモン「なっ、これは!! ……ッ!!」

    勇者「あんたの部下の触手だよー。まじヌルヌルしててきめぇわwww」






    75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:43:28.26 ID:vWd6TAgz0


    チュルチュルッ

    デーモン「ググッ、あっ」

    勇者「プッ」

    デーモン「貴様……ッ(動けん……どういうことだ)」

    僧侶「だっさwwwwwwww」

    デーモン(なぜだ。なぜ切り取った触手を自由に扱える……?)

    勇者「わかんないって顔してるねおじさん、目付き渋いねー」

    勇者「あのね? 私もね、おじさんと一緒で電撃魔法をつかえるの。だ か ら ♪」

    バリバリバリッ

    デーモン「ガアアアアアアアッ」

    勇者「死骸の神経に電気を流しこんで操作してるんだよwwwwwwばーーーかwwwwww」

    デーモン(あ、ありえない……こんな小娘が……最上級の神官ですら不可能なレベルで自在にだと……!!)

    チュルチュル チュルルウン

    デーモン「ひゃうぅッ」

    魔法使い「あはははははwwwwwwおっさんきもすぎーwwwwwマジ死ねよ自殺しろwwwwwww」






    77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:45:27.44 ID:rFfckcYh0

    こわい






    78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:47:31.13 ID:dtx/gEFGO

    マジキチ






    79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:48:33.38 ID:vWd6TAgz0


    勇者「ん?wwここがいいのかな?www」


    ちゅるんっ


    デーモン「あっ、あっ……あぁぁあぁっ」

    僧侶「弱々しい声だしてんじゃねーよwwwwwwwww」

    戦士「いじめんなよwwwてかおっさんもっと抵抗しろwwwwww」

    勇者「ムリムリ、さっき流した電流のせいでこいつ身体の自由効かないからw」

    魔法使い「さいてーwwwww勇者さいてーwww」

    デーモン(なんなんだこいつらは……)

    デーモン(虐殺や拷問がまるで遊び…………ッ)

    デーモン(このままでは……俺は!!)


    勇者「おじさんの情けない姿みたいなー? いけー触手wwwwww」

    ちゅるううう

    デーモン「ひっ、どこに這わしてるっ!! くあっ!!」






    81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:52:41.90 ID:vWd6TAgz0


    勇者「ん?wwwここがいいかな?www」


    じゅるっ……ちゅるるるうるっ

    デーモン「あああああああっ、す、吸うでない!!! やめんかぁ!!」

    勇者「へぇー……デーモンのここってこんなんなってるんだ」

    魔法使い「んもー勇者ったらぁ///」

    デーモン「み、みるなぁ……!! みないでくれ!! 俺は高貴な生まれの魔人だぞ……!」

    戦士「それがいいんじゃんかwwwwwww」

    デーモン「な……んんっっ!!!」

    僧侶「貴族が無様にも這いつくばって矜持を投げ捨て、必死に命乞いをする。なんと美しい光景かwwwww」

    勇者「おじさんはいつまでもつかなー?www」

    ちゅるるうるるるっ ちゅちゅ♪

    デーモン「くあぁあああああああ!!!」

    勇者「楽しませてよ……? 強いんでしょ? そこらの雑魚とは違うんでしょ? クスクス」 バリバリ

    デーモン「うぐあぁあああああ、電撃はやめろおおおお!!!」







    82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:53:08.46 ID:YcOwcEp7O

    誰得






    84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:54:16.63 ID:p4HNojer0

    勃起せざるを得ないな






    83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:53:52.49 ID:XITtKu0I0

    最近の登場キャラ女だらけの豚に媚びたSSよりいい






    85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:54:18.93 ID:zQHOs4qy0

    女だらけだけどな
    PTは







    86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:56:48.70 ID:vWd6TAgz0



    びゅるっ びゅるるるるうっ


    デーモン「あ……あ……ア」

    勇者「あーあーwwwwwww」

    魔法使い「だしちゃったよこのおっさんwwまじ哀れwwwwww」

    戦士「くっさwwwwwwww死ねよまじwww」

    デーモン「ヒ……ア……」

    勇者「クスクス。まだ終わってないよ?」

    デーモン「ヤメテクレ……もう、俺は……」

    勇者「年だから出ない? ばーーーーーかっ」

    僧侶「ベホマ!」テロリロ

    デーモン「ッ!!」ムクッ

    勇者「ギャハハハハハ!!! きっっしょwwwwwwww」

    僧侶「げほげほっwwwあははははっはあははははなっさけないなぁ魔人ってのはwwwww」

    デーモン「あ……あ……う……」






    87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 17:57:55.53 ID:mJDblJF6O

    お、鬼や・・・






    89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:00:51.10 ID:vWd6TAgz0



    ……ニ時間後


    僧侶「ベホマwwwwwあ、魔力切れたwwwwww」

    勇者「あはははははwwwwwwwおじさんwwwwあはははwww」

    デーモン「は……はぁ……」

    魔法使い「おっさんしゃべらなくなってるwwwwww」

    戦士「このおっさん早すぎwwwこれじゃ女は誰一人満足しねぇよwwww」

    デーモン「……」

    勇者「ねぇ、おじさん」ガシッ

    デーモン「小娘がぁ……人の頭を気安く掴みおっ……て……」

    勇者「こっち見てよ」

    デーモン「……」

    勇者「えへっ♪」

    デーモン「……グッ」

    勇者「まだ出せるでしょ♪ いま私の顔みて勃起したよね? ねぇ?ww」






    90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:04:49.39 ID:vWd6TAgz0


    デーモン「だれが……するか、悪魔め……」

    勇者「ふぅん? じゃあこれは?」

    ペロリン♪

    デーモン「!!」

    勇者「男の人ならお好きですよね?wwwwww」

    デーモン「……」ムクッ

    勇者「ププwwwwこいつまじだよwwww」

    戦士「うわー今日はサービスいいなぁ勇者」

    魔法使い「相手が多少イケメンだからでしょwww」

    僧侶「私あきたんですけどー」

    デーモン「はしたないことはよせ勇者よ……」

    勇者「って勃起しながら言ってますwwwwwwwきもっwwwwwww」

    デーモン「殺せ……俺の負けだ……」

    勇者「殺すよ? 殺すんだけどぉ。最後にもっとイイコトしたくない?」

    デーモン「な……に……?」







    92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:09:28.81 ID:vWd6TAgz0


    勇者「私ねぇ、ずっと身体の奥がじんじんむずむずするのぉ」

    デーモン「よ、よせ勇者よ……ッ」

    勇者「発散したいなぁ……って」

    デーモン「貴様は勇者……俺は魔人……」

    勇者「でも仲間はみんな女の子だしぃ……」

    勇者「そしたらかっくいいーおじさんが来てくれたからぁ」

    デーモン「……」ゴクリ

    勇者「嬉しいなって♪ ちょうどいいね♪」

    勇者「へたくそだけどゆるしてね……?」

    デーモン「は……は……」

    勇者「ぎゅっ♪」

    にぎっ

    デーモン「うっ、おあ……」

    勇者「ずっとこうしてほしかったんでしょ? これが若い女の子の手だよ? きもちい?」

    勇者「じゃあもっときもちいことしようね?」






    93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:10:10.71 ID:o6+IkmaX0

    悪い予感しかしねえよ






    95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:13:18.51 ID:vWd6TAgz0


    勇者「私のむずむず、全部あげる……♪」

    デーモン「……はっ、ハァ……」

    勇者「いくよ……///」

    デーモン「ハッァ……ハァ……」

    勇者「究極雷撃魔法!!!」

    バチバチッ!!バリバリバリバリバリバリバリ!!!!


    デーモン「ギャアアアアアアアアアアア」


    勇者「あはははははははwwwwきゃははははっははwwwwwwww」

    勇者「あはあはははははは手加減なしに全部出すってきもちーーーwwwww」

    勇者「おじさんどおおおお?wwwwww情けないおちんちんから流し込まれるのどおおお?wwwwww」

    勇者「あはあああははははあははははは!!!!!!!!!」

    勇者「死ねぇえええ!! 死んじゃええええ!! あははははははだっせぇええええええ!!!」

    勇者「骨ものこさねーからwwwwwwwwwwwwwあははははははっっ」






    96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:14:24.37 ID:zQHOs4qy0

    パンツ脱いだ






    101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:18:34.15 ID:vWd6TAgz0



    焼死体「――――」


    勇者「あーすっきり。定期的に発散しないとまじストレスやばいんだけど」

    戦士「おつかれーwww」

    僧侶「デーモンwwwww最後まで期待してたよあいつwwww」

    魔法使い「きっもwww女の子なめすぎwwwwwww」

    勇者「あーくせええ……手ぇ洗お」

    僧侶「デーモンが来るということは、もう少しで魔王城ですねぇ」

    戦士「こんなくそよえーのに守らせて大丈夫かよwww」

    魔法使い「私ら先に街いって男あさりしてよかwwwww」

    勇者「いいなー、魔王城にはかっくいー人いるかなぁ」

    戦士「意外と魔王イケメンだったりしてwwwww」

    勇者「えーー、楽しめたらいいけどなー」

    戦士「あたしもちっとは骨のあるやつとヤリたいね」

    僧侶「どっちの意味でwwww」






    103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:24:44.88 ID:vWd6TAgz0



    ……数日後

    ――魔王城


    側近(デーモンのやつ……遅いな)

    魔王「はぁはぁ。今日も勇者ちゃんの笑顔はプリチーじゃのう」

    側近「……」

    魔王「もう近くまできておるんじゃな。嬉しいのぅ」

    側近(デーモンあの野郎なにやってんだよ、早く仕掛けろよ)

    魔王「わしのひざに座らせるんじゃ♪ なでなでしたあとに首を跳ねてもらいたいのぅ……」

    側近「させませんって」



    ガチャッ

    小悪魔「ま……魔王様!!」

    側近「! どうした」

    小悪魔「ご、ごほうこく……がぁ、は……」






    105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:26:06.15 ID:lH+Yy+E40

    魔王がアホみたいに強いって展開なら
    それはとっても嬉しいなって






    107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:27:01.64 ID:81URqS4Z0

    魔王頑張れ






    108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:27:38.05 ID:0jMI5XxD0

    応援してるぞ魔王






    109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:28:09.57 ID:23XiHzbR0

    これは魔王に勝ってほしい






    110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:28:58.82 ID:vWd6TAgz0


    魔王「死にかけておるのか?」

    側近「しっかりしろ! 報告とはなんだ、勇者か?」

    小悪魔「あいつらは……あく、ま……で」

    側近「はっきり言わんか!! 貴様それでも悪魔族か!! 誇りと忠誠はどうした!!!」

    小悪魔「げほぉおおっ、がほっ、あ゛ああっ」

    側近「……」

    小悪魔「デーモン軍は、壊滅しました!!」

    側近「なっ!!?」

    小悪魔「生き延びたのはわたしだ……け……たいさくを……」

    小悪魔「やつらはばけもの……われらいじょうの……あ、あああが……」


    小悪魔「―――――」


    側近「……貴様の忠義、しかとみたぞ。次生まれ変わるときは必ずや上級魔となれるだろう」

    側近「安心して眠れ……ご苦労だった」

    魔王「ふぅむ……」






    114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:33:48.38 ID:vWd6TAgz0


    側近「魔王様! やつらの現在地は!!」

    魔王「そ、それが……視界にもやがかかったようで見えんのじゃ」

    側近「なんですって……ということはつまり、魔の国へ上陸している!?」

    魔王「なんと……」

    側近「魔王様、お聞きになってください。もはや冗談を言ってる場合ではありません」

    魔王「……」

    側近「城前ガ兵を固められる最終防衛線となります。ここで確実にとらねば、あなたは本当に」

    魔王「勇者ちゃん……わしは……げほっ」

    側近「!? 魔王様!?」

    魔王「がっ。ほっ、げほげほ」

    側近「吐血!? い、いかがされました!?」

    魔王「まいったのぅ、本腰を入れようとした途端これじゃわい」

    側近「……かくして……たんですね」

    魔王「忙しいお主を心配させてはならんとおもうて……」

    側近「馬鹿な……言ってくだされば対応できたかもしれないのに……!!」






    119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:39:50.07 ID:vWd6TAgz0


    魔王「お主はまつりごとだけを考えてればよいのじゃ。召使とは違う」

    側近「ですが……こんなのってあんまりでしょ!!」

    魔王「きけぇ、悪魔騎士よ。ワシは今をもって王位を貴様に委ねる」

    側近「!! いりませんよ!!」

    魔王「いや、もう託した。正統な儀式は後に行うがいい」

    側近「なんのために!!」

    魔王「……そうしておけば、何かあっても問題ないじゃろう?」

    側近「何がですか……?」

    魔王「行ってきまする魔王様……死にゆく老人の最後の大仕事じゃ」

    側近「ま、待ってください! まさかあなた!!」

    魔王「後はまかせたぞ……ワシは勇者ちゃんに一目会えればそれでいい」



    魔王「いまいくぞい勇者ちゃん……ふひひひぐふふふげほっ」

    魔王「悪い子にはお仕置きせんといかん……」

    魔王「それは、大人の役目じゃて……」







    120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:41:30.92 ID:kMyCN70i0

    待ってなんで魔王かっこ良くなってんの






    124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:45:05.13 ID:vWd6TAgz0



    ――――



    勇者「はいドーーーンwwwwくっそよぇえなwwww」

    僧侶「勇者かっこいいーwwwまさに救世主wwwwww」

    魔法使い「魔王城が間近だってのに、たいしたことないね」

    戦士「あははははは!! 狩り放題だぁ!!!!」

    ザシュッ ザシュッ――


    勇者「ぎゃはははは!! もっと歯ごたえあるやついねーのかよぉおお!!」

    戦士「いねーんじゃねwwwいまお前がふみつぶしてるソイツがこの街のボスっぽいよwww」

    勇者「まじ?www弱すぎてひくわwwwwwwwwwww」

    魔法使い「てかげんしてあげなってー、泣いてるじゃーん」

    僧侶「私ぃ生き返らせちゃおっかなーwwwもっぺん最初からたのしもうよー」

    勇者「おらおらぁ! 束になってかかってこいよぉwwwww」

    勇者「ギガデイン!! ギャハハハハ、燃えろぉ!!! この街丸々焦土にしてやるからwwwwww」






    130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:50:10.75 ID:vWd6TAgz0


    勇者「魔王! みてたらかかってきなよぉwww」

    勇者「私はここに居る!! あはははははは!!」

    勇者「燃えろ燃えろ!! 余すことなく焼き尽くせ!!!」


    テロリロッ

    シュウウウウ……


    僧侶「!?」

    戦士「炎が消えた!? 魔法!?」

    魔法使い「!? どこから!?」

    勇者「……」


    ???「悪戯っ子は好きじゃがの。度を超えたら躾けるほかあるまい」

    勇者「はぁ? いまのあんたがやったの?」

    ???「ぐふふ、げほげお、会いたかったぞ勇者ちゃん……」

    勇者「……あ?」







    134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:54:39.79 ID:vWd6TAgz0


    勇者「だれだよてめー、そのきったねー頭巾をとりやがれ」

    ???「お主のことをよー知っとるもんじゃ」

    勇者「?」

    ???「やっぱり近くでみたらかわええ顔しとるのぅ」

    勇者「……殺すぞ?」

    ???「……」スッ

    勇者「!!」

    勇者(こいつ……つぇぇな、手こずりそうだ)

    戦士「やっちまえよ勇者ーwwwそんな老人ひとひねりだ」

    僧侶「おじいさーんwwここは危ないですよーwww死んじゃいますよーwww」

    魔法使い「あたしらのナマ足でも見に来たのwwwきもっwwww」


    ???「さて、どれだけもつかわからんし、さっさと始めるか」

    勇者「おう、かかってきなよおじいさん。その萎えたアレ私の電撃でビンビンにしてやっからw」

    ???「それはありがたい。こんなおいぼれを相手にしてくれて感謝せねば」






    135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:54:40.01 ID:+JBYQ9AC0

    いつの間にか魔王△






    137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 18:59:11.18 ID:vWd6TAgz0


    勇者「見せてやるよじいさん、魔王討伐の肩慣らしだ」


    勇者「!」ヒュン

    勇者「殺っ――」

    パシッ

    勇者「なに!?」

    ???「生意気になかなかすばしっこいの、ますます可愛がりがいがあるわい」

    勇者「てめぇ!!」

    ???「どうした? 攻めんのか? ワシは攻められるほうが好きでのぅ」

    勇者「どちくしょうが!! 消え失せろ!」ブォン

    ???「それもあたらんのぅ、よく相手をみるんじゃ」



    戦士「なにもんだあのじーさん」

    僧侶「勇者の雷に匹敵する速度の剣撃をいともたやすく」

    魔法使い「……まさか!!」






    140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:02:23.00 ID:VAtu4gcZ0

    勇者一行ぼこぼこの血祭りにあげてくれ(´;ω;`)






    141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:02:38.57 ID:vWd6TAgz0


    ???「まだ遅い! どこを捉えておる」

    勇者「てんめぇえええ!! 死ね死ね死ね!!!」

    ???「心配せんでもそのうち死ぬわい」

    勇者「いますぐ死ね!! 減らず口たたいてんじゃねーぞ死に損ない!!」

    ???「そうじゃの……では殺される前に」


    テロリロッ


    勇者「なっ!」

    ???「……ブツブツブツブツ」

    勇者「な、なっ、なにをっ」


    戦士「やべぇ勇者が魔法でつかまった」

    僧侶「相手を空中で束縛するなんて。あんな魔法みたことない!!」

    魔法使い「勇者ー! 加勢しようかー?」


    ???「お主らもそこでそうしておれ」テロリロ






    148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:07:23.21 ID:vWd6TAgz0


    戦士「くそ、動けねぇ……!」

    僧侶「や、やばい!!」

    魔法使い「なにこれきいてないし!!! うぐうううう」


    勇者「てめぇ、なにしやがった……」

    ???「ブツブツブツブツブツ」

    勇者「きいてんのか!!」

    ???「耳が遠いんじゃ」

    勇者「くそじじい!! てめぇはなにもんだ!!!」

    ???「静かにしておれ勇者ちゃん。おしとやかなほうがモテるぞい」

    勇者「ぶっ殺す!! こんな結界ぶちやぶって……!! おおおおおあああ!!」

    ???「無駄じゃよ。これは王家のみに伝わる対勇者用の禁術。神にでもならんと解けんて」

    勇者「王家……? てめぇは……まさか……魔王!!」

    魔王「ちがうのぅ。ただの女好きのおいぼれじゃ」

    勇者「魔王!! ぶちころしてやる!! ここを出せ!!!」






    150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:10:21.44 ID:vWd6TAgz0



    魔王「それは叶わぬ願いじゃな」

    勇者「おい! まてよ!! マジでやめろ!!! ごめんなさい!!」

    魔王「……」

    勇者「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!」

    勇者「もうしません! もうひどいこと何もしません! おねがいしますだしてください!!」

    魔王「……耳が遠くての」

    勇者「だしてください!! いますぐ帰りますので!!! 勇者もやめます!!!」

    魔王「……このまま結界を縮めてひねりつぶすことは容易いが」

    勇者「いやあああああ!!! いやだああああああ」ポロポロ

    魔王「……ふぅむ」

    勇者「……」ニヤ







    151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:11:02.67 ID:wFqSIb/tO

    魔王逃げてー






    152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:11:53.82 ID:duB0hYDe0

    魔王騙されるな!






    156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:15:05.16 ID:vWd6TAgz0


    勇者「わたし、まだ楽しいことなんにもしてなくてぇ」

    勇者「理想の人にもめぐりあってないしぃ、おいしーものもたべてないしぃ」

    魔王「……」

    勇者「たくさんこれから良い事もいっぱいします!! だからお願い!!」

    勇者「うええええんだしてよぉおおおお死にたくないよおおお!!!」

    勇者「死にたくないよぉおおお!! こわいよー!!!」

    魔王「その願いをどれほどふみにじってきたのかのぅ、勇者ちゃん」

    勇者「ぴええええええママー!!!!」

    魔王「……勇者ちゃんや」

    勇者「うぇぇぇええん……死ぬのは怖イィ……痛いのやだよーおじいさん、許してくださいよぉ」

    魔王「……お主の魂にこびりついた血と罪を洗い流すことは、お主自身では決してできんことなのじゃ」

    勇者「いやだああああママー! パパー!!」

    勇者「うわーーーん……」

    魔王「悪い子は、ワシが……この手で……」

    勇者「いやああああああああああ!!!」






    157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:15:29.26 ID:81URqS4Z0

    さぁ早くひねり潰してくだしゃい






    158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:16:11.45 ID:XITtKu0I0

    やっちまえ!






    159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:16:42.84 ID:vWd6TAgz0

    ごめんご飯たべたいすぐもどる






    185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:41:58.49 ID:vWd6TAgz0

    側近「魔王様!!」

    魔王「はて? あなた様が魔王でいらっしゃいますが?

        来てはなりませんぞ、まだ予断を許さぬ状況ゆえ」

    勇者「ぐすっ……!」

    側近「そのまま勇者をひねり殺してください!! 早く!!」

    魔王「……」ニコッ

    勇者「いやっ、いやっ、いやあああっ、やめてええええええ!!!」

    僧侶「しにたくないよーーーー!」

    魔法使い「いやあああああ」ジョボボボ

    戦士「やめてええええええ!!!」


    魔王「四人か、ワシのようなまた死に損ないには荷が重い話じゃて」

    側近「魔王様!! やってください!!」

    魔王「……よいか勇者ちゃん」

    勇者「うう……グス」

    魔王「……次はええ子に、なるんじゃぞ……?」ズズ…






    186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:42:50.17 ID:iieYILxQ0

    失禁はひとりか…ざまぁ






    188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:47:15.72 ID:vWd6TAgz0

    テロリロ!


    勇者「ギャアアアアアアアアアア!!!」

    戦士「グワアアアアアアアア!!!」

    僧侶「ウオオオオオオオオオオ!!」

    魔法使い「ウギャアアアアアアア!!」


    魔王「その身に宿りし悪しき魂達は、ワシが責任もって冥府へと連れてゆく……げほ」

    側近「ま、魔王様ァ!!!」

    魔王「……外道には、外道の逝く場所があるのじゃ。」

    側近「なぜ、なぜ!!!」


    側近「どうして殺さないんです!!!」







    189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:47:25.51 ID:wFqSIb/tO

    魔王!情けなんかかけちゃだめだ!






    190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:48:00.32 ID:0jMI5XxD0

    浄化ってこと?






    192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:51:21.27 ID:vWd6TAgz0


    側近「千載一遇のチャンス……なのに!!! 勇者を始末できるのに!!!」

    魔王「……殺せんて……げほ」

    魔王「この子は、生まれ時から、見守っとる、孫みたいなもんじゃ……。のう?」

    魔王「勇者ちゃん……べっぴんさんになった」

    なでなで


    勇者「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」バチバチバチバチバチ

    魔王「直に終わる。すまんのぅ。お主のそんな声、聞きたくなかったんじゃが」

    勇者「ギャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」ズズズズズ

    魔王「あ……げほっ、が……そろそろ、終わりか」

    魔王「おい、任せたぞ」


    側近「……ま、まって……くださ……い」

    魔王「そんじゃあ、逝ってくるからの?」ニコッ


    ゴゴゴゴゴゴ――――――!!







    197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 19:56:11.31 ID:vWd6TAgz0



    ――――――――――――――



    側近「……」

    側近「……」

    魔王「――」

    側近「……逝って、しまわれたのですね……」

    魔王「――」

    側近「なんだよ、後処理は全部、俺じゃないか……はは」

    側近「あんたいつもそうだよな……ずりぃよ…………」

    側近「ずりぃいよ!!! 俺はどうしたらいいんだよ!!!」


    勇者「ねー、すいませーん。ここ出してくれませんかー?」ゴンゴン

    僧侶「せまいですね。苦しいです……」

    魔法使い「せまいー、だしてー」ゴンゴン

    側近「……どうしたら……いいんだよ……」







    204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:02:20.93 ID:vWd6TAgz0


    オーガ「ぎゃはははっ、見ろよ勇者ときたら、間抜けだぜ」

    オーク「こりゃぶち殺しがいがあるってもんよ!!」


    勇者「ひっ、ま、魔物!!」

    オーガ「おいおいビビってるぜ。カワイコちゃんよぉ」

    オーク「ひゃっはぁあ! 魔王様が死んじまったのは痛ぇが俺らにゃ関係ねぇ」

    オーガ「これで自由にヤレるってもんよぉwww」

    僧侶「やだ……こないでください!!」

    戦士「あっちいけぇえ!! ていうかここをだせぇ!」ゴンゴン

    オーガ「……ひひひ、ヤリたい放題してやるぜぇ……?」

    オーク「ん? てかこれ壊れんのか?」

    悪魔神官「ふむ……どうやら障壁は内側にしか効果がない。外から触れる簡単に壊せるようじゃな。ぐふふ」 

    勇者「うぅ……コレも運命……受け入れましょう……」

    オーガ「おーし、いまぶっ壊してやるぜぇ。そのあと俺たちと手足がもげるまで遊ぼうぜぇえww」


    側近「……」







    208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:07:10.02 ID:LGoGFl0o0

    勇者一行が最終回のカミーユみたいになってしまったな






    211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:08:52.77 ID:vWd6TAgz0


    オーク「よーしよしよし、おっぱいのおっきい子はおいらと遊ぼうねーww」

    僧侶「や、やぁあ……っ!!」

    オーガ「じゃあ俺勇者とヤっちまおうかなぁ!! てめぇの断末魔きかせてもらいたいねぇ!!


    側近「下がれ」

    オーク「あ゛?」

    側近「下がれと言った」

    オーガ「あぁん? 誰だてめぇ」

    悪魔神官「ふむ、側近殿ですな……して、あなたごときがいまさら何を?」

    側近「誰が側近だ。口を慎め」

    悪魔神官「はて?」

    側近「簡易だが正統な術式により、先ほどをもって俺がこの国を治める王に就任した」

    オーク「は?」

    側近「俺が魔王だ。下がれ、次はない……」ズズズ

    オーク「ひっ」







    216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:15:42.12 ID:vWd6TAgz0


    オーガ「なるほど……魔王様直々に手をくだされるというコトか」

    オーク「亡骸をいたぶる権利くらいくださいよぉ、魔王様ww」

    悪魔神官「ワシらの同胞を討った罪、身体で償わせてやりますぞ」

    側近「……」


    勇者「……あなたは」

    側近「君は。近くで見ると、こんなにあどけない顔をした少女だったんだな」

    勇者「私は……勇者です! 年齢も顔も性別も関係ありません!!」

    側近「すこし錯乱しているな。当然だな。無理やり魂を削りとったんだ」

    勇者「殺すなら、殺せばいいでしょう……」

    側近「……エロじじいが惚れ込むのもわかる」

    側近「あの人は、俺みたいな薄っぺらじゃなかったってことだ」

    勇者「殺しなさい! それがあなたの役目なのでしょう!!」

    側近「役目か……だとすれば!! 俺は!!」チョン


    パリィン……







    225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:24:18.58 ID:vWd6TAgz0


    勇者「!!」

    オーク「そうだ魔王様!! やっちまえ!!!」

    勇者「魔王……覚悟!!」

    側近「降参だ」

    勇者「……えっ」

    側近「国に帰って伝えよ。我が魔王軍は、人類に対する和平を申し込む」

    勇者「……ど、どういうことです!!」

    側近「君を殺すことはできない、俺も甘ったれた王だからさ」

    オーク「おい!! 魔王様!! どういうことだふざけんじゃねぇぞ!!」

    オーガ「そいつらは殺戮者だぞ!!」

    側近「彼女たちの邪悪なる魂は、我らが先代が、その全てと引き換えに連れていった」

    側近「血の跡も罪も、すべて……この世にはもうない」

    悪魔神官「……」

    側近「ここに立つけがれなき聖女たちに、我々は触れることすらかなわん」

    オーガ「なにいいい!!」







    230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:28:44.10 ID:vWd6TAgz0


    オーク「ばかな!! そんなわけあるか!! うおおお!!」


    勇者「こ、こないで!!」

    オーク「死ねよやああああ!!!」


    ジュ――――――

    勇者「……あれ?」

    悪魔神官「は……」

    オーガ「はじけ飛んだ……だと……?」

    側近「バカめ……勝てるわけあるか。一辺の汚れもない聖女だぞ。もはや天使や神の類といっても差し支えない」

    悪魔神官「ぐぐ……だが魔法なら!!」

    側近「やめろ」

    悪魔神官「しかしですな!!」

    側近「俺……我の顔に泥を塗るのか?」

    悪魔神官「グッ…………ほ、ほんとうに、我々は負けるのですか?」

    側近「負けたくはないだろう。ゆえの和平条約だ。まったく、先代はとんでもない爆弾を残していった」






    231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:29:36.07 ID:WZOVmG/p0

    す、すばらしい魔王様






    232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:30:28.32 ID:z2FqVL5rO

    じいちゃんは孫には甘い






    234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:32:17.17 ID:wFqSIb/tO

    側近、大仕事やな…






    235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:33:51.62 ID:vWd6TAgz0


    勇者「あ、あのー……私たちは……?」

    側近「城へこい。大丈夫、俺の戦意は完全に折れた」

    勇者「本当に……あなたの手を取れば、平和になるんですか? 戦わなくてすむんですか?」

    側近「それはこれからの俺達と君たち人間しだいだな」

    側近「だからこい。君も聞きたいことはたくさんあるだろう」

    勇者「……はい」

    側近「それに俺もたくさん、はなしたいことがあるんだ」

    勇者「はぁ……」

    側近「たとえば、ずっと君のことを大好きだった……




       じじいの事とか。



    おわり。







    237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:34:28.69 ID:SMTgKqxI0

    近年稀に見る神スレ確定
    俺の中では






    238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:34:30.91 ID:wHZThx2j0








    240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:35:20.66 ID:xr+RAjtO0

    面白かったよ!乙!!






    252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/11/12(土) 20:38:13.33 ID:+z5eDSXO0

    途中まで糞SSだとおもっててごめんw
    乙かれさん






    【Amazon.co.jp限定カバー】俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 4 (GA文庫)
    裕時 悠示
    ソフトバンククリエイティブ
    売り上げランキング: 23

    Amazon ベストセラー
    1. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/11/12(土) 23:13  ▼このコメントに返信

      やってること自体は普通の勇者たちと変わらない所業

    2. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/11/13(日) 05:00  ▼このコメントに返信

      いやまあ残虐行為は普通の勇者はここまでやってないけどな

    3. 名前: 名無しさん  投稿日:2011/11/13(日) 09:59  ▼このコメントに返信

      結局こんな終わりか

    4. 名前: 一尉  投稿日:2011/11/13(日) 13:42  ▼このコメントに返信

      コンボイ「なにやっているんだい・・・。」

    コメントの投稿
    ←空欄だと「名無しさん」に

    コメント欄に「※〇〇」,「米〇〇」(半角数字)でポップアップするアンカーを表示できます。
    ※「http」はNGワードです
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。