アニメやライトノベルについてまとめていたコピペブログです。

ラノベいろいろと感想

2007/10/04
ニュースなど 0
”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)
”文学少女”と飢え渇く幽霊

「文学少女」シリーズ第2巻。
昼間と夜中で2つの別人格をもつ少女の話。
「嵐が丘」っていう物語に沿って事件は起こっていきます。
「嵐が丘」は読んだことなかったんですけどむしろ読んだことない方が楽しめるかと。
今回は前半は遠子先輩はあんまりでてきません。心葉は遠子先輩のお願いを完全スルーです。
厄介事に巻き込まない為ですが。キャラとしては琴吹ななせがいいッ!可愛い!心葉のことが嫌いといいながらも超ツンデレ少女
「中学の時・・」で言葉が遮られたのでどうやって心葉の事を好きになったか気になります。
監禁とか虐待とか暗い話かな、と思っていましたが最後まで読んだら感動話でした。
1巻に引き続き面白かったです。




とらドラ!1
とらドラ!1

続いて「とらドラ!」シリーズ第1巻。
これも某BBSで薦められて読んだ作品。
読んだ感想・・なんというかツボ
でした。
王道ラブコメかと思いきや意外なところに伏線が散りばめられ、各登場人物も
それぞれ特徴的で愛着が持てます。
目つきが悪いけど優しく真面目で、家事全般を得意とする主人公と気性が荒く好戦的でもドジっ子でずっとそばにいて世話をしたくなるような手乗りタイガー。二人とも好感が持てます。
「休日はほとんど二人一緒に居て、買い物にも二人で出かけ、弁当も主人公と同じものをつくり、二人で登下校する」
これってもう夫婦じゃね?恋人とかの関係超えてるんじゃね?
どうでもいいけどみのりんは俺の嫁。



とらドラ〈2!〉 (電撃文庫)
とらドラ2!


1巻読見終わって全速力で2巻買いに行きました。
二重人格の超美少女アイドルが新キャラ亜美。
リアルで居たら某沢尻エリカみたいなヤツかな。
この巻は大河と亜美の潰し合いが面白いです。
亜美が救いの手を差し伸べた時は大河もきっちりやってくれました。きっちり。
本当の亜美を知っていながらも竜児は普通に亜美と接していきます。
でもフェロモン撒き散らしまくる亜美に竜児は・・・・

大河もみのりんも亜美もかわいいよー
来年当たりアニメ化希望


ザーク
Author: ザーク

コメント(0)

There are no comments yet.