Script is OFF うみねこのなく頃に散 Episode5 【うみねこ EP5】 感想 - かくれオタのブログ
    I'll be back.

    うみねこのなく頃に散 Episode5 【うみねこ EP5】 感想


    ようやくクリアしました。
    今回は前より短かった気がします。

    jiko.jpg

    hannin.jpg
    え?犯人??
    ところがどっこい違うんだなぁ。

    以下、ネタバレとなります。

    まずは新たな登場人物の紹介を。
    しかし今回は4人だけ。

    erika.jpg
    古戸 ヱリカ
    海難事故で漂流して六軒島に流れ着く。
    奇跡の魔女・ベルンカステルの分身で今回の探偵役
    バトラをサポートして魔女説を否定する立場のはずが、いつの間にかバトラのライバルに。
    EP1~5の犯人を右代宮夏妃であると主張する。



    nox.jpg
    ドラノール・A・ノックス
    ミステリー小説におけるタブー、ノックスの十戒(Wikipedia)を生み出したロナルド・ノックスの娘。
    古手ヱリカをサポ-トするが、ヱリカの事を嫌っている。

    ノックスの十戒
    ノックス第1条。 犯人は物語当初の登場人物以外を禁ず。
    ノックス第2条。 探偵方法に超自然能力の使用を禁ず。
    ノックス第3条。 秘密の通路の存在を禁ず。
    ノックス第4条。 未知の薬物、及び、難解な科学装置の使用を禁ず。
    ノックス第5条。 (欠番)
    ノックス第6条。 探偵方法に偶然と第六感の使用を禁ず。
    ノックス第7条。 探偵が犯人であることを禁ず。
    ノックス第8条。 提示されない手がかりでの解決を禁ず。
    ノックス第9条。 観測者は自分の判断、解釈を主張することが許される。
    ノックス第10条。 手がかりなきほかの人物への変装を禁ず。

    その解釈は今なお議論が続いており、無数のアンフェア論争の火種となっている。
    この戒律に背けば全て異端とする原理主義者がいる一方、これに抵触しつつも、列聖されて偉人がいることを挙げる修正主義者もいる。

    本来の十戒には第5条も存在するが、人種差別に繋がるため、うみねこEP5では言及されていない。

    しかしこれ、本編で「ひぐらしのなく頃に」を全否定してるんですよねw

    hitei.jpg
    hitei2.jpg

    「死んだはずの人間が歩きまわれるわけないものね?集団妄想を見せる未知のウイルス、六軒島症候群の仕業とかァ。六軒島だけに住む謎の蝶の鱗粉に幻覚作用が~とかァ~!謎の秘密組織『山狗』が作った集団妄想を見せる未知の薬物プルプルピコピヨの仕業とかァ!!ステキなトンデモ、いっぱい聞かせてよぉ、キャーハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!」


    いや、雛見沢症候群L5と謎の秘密組織「山狗」操ってひぐらしの黒幕だったお前が言うなよwwとww

    竜騎士07さん、多分うみねこのなく頃に まとめWikiにある推理とかネット検索とかして誰かが推理したものをことごとくつぶしてくれてるなぁww


    そしてノックスの部下達。
    ko-neria.jpg
    コーネリア

    gartoruud.jpg
    ガートルード

    プレイした感想としては、少しずつ謎が解けてきたような気がしました。
    しかしベアトリーチェが消滅してバトラがゲームマスターになる展開はいかがなものか。
    そして右代宮バトラはまさかの「バトラ犯人説」を唱えてるし。しかもそれが一番理にかなってるんだよなぁ。

    次の記事では今回のエピソードでいろいろと分かった事実について書きます。



    Amazon ベストセラー
    コメントの投稿
    ←空欄だと「名無しさん」に

    コメント欄に「※〇〇」,「米〇〇」(半角数字)でポップアップするアンカーを表示できます。
    ※「http」はNGワードです